妊婦さん必見!妊婦帯の種類と選び方fumira_mamakids1

妊婦さん必見!妊婦帯の種類と選び方

妊娠5ヶ月頃からお腹は、どんどんふくらんできます。

臨月になるとウエストが100cmを超える人も出てきます。

羊水の多い人、多胎妊娠の人であればなおさらです。

お腹がふくらんでくるとどうしてもお腹を庇う歩き方になってしまうので、妊婦さんの腰の負担はかなり大きいものになります。

口コミを見ると、戌の日に安産祈願をしてから妊婦帯を使い始める人が多いようです。

臨月まで長く使うことになる妊婦帯、一体どのようなものがあるのでしょうか?

妊婦さん必見!妊婦帯の種類と選び方:【ベルトタイプ】

妊娠中のみならず、出産後の骨盤矯正にも使用できるタイプです。

大きくなるお腹にあわせてベルトを調節していけば、長い期間使えます。

腹帯で有名な「トコちゃんベルト」は、このタイプに該当します。

妊婦さん必見!妊婦帯の種類と選び方:【腹巻タイプ】

着脱が簡単で、デザインが豊富です。

妊婦帯の中では値段が安い方なので、家計に優しいのでは?

妊婦さん必見!妊婦帯の種類と選び方:【コルセットタイプ】

お腹を支えると同時に、外の衝撃から守ってくれます。

妊婦が気をつけたいお腹の冷え対策もバッチリです。

妊婦さん必見!妊婦帯の種類と選び方:【ガードルタイプ】

外出時、とくにパンツスタイルの時に向いています。

シルエットがとても綺麗に見えます。

働く妊婦さんであれば、勤務中だけでもこちらを着用してみてはいかがでしょうか?

妊婦さん必見!妊婦帯の種類と選び方:【パンツタイプ】

ショーツと腹巻がセットになったタイプです。

診察時にお腹が出しやすくて便利です。

妊婦さん必見!妊婦帯の種類と選び方:【マタニティショーツ】

妊娠するとこれまでのショーツが小さくなりますので、大き目のショーツを穿く事をおすすめします。

特にマタニティショーツは作りが大きめなので、お腹まで隠れます。

妊婦さん必見!妊婦帯の種類と選び方:【さらし】

帯状なので、お腹の大きさにあわせて巻くことができます。

妊娠中は肌が敏感なので、肌に優しい面100%素材のものが人気です。

妊婦帯の入手方法は自分で買う人、病院からプレゼントされる人、神社でプレゼントされる人と色々なパターンがあります。

とはいえ、複数あっても決して困るものではありません。

予備も含めて2~3枚用意あれば、臨月まで十分対応できます。

どの妊婦帯を使えばよいかという正解は、実はありません。

妊婦帯を使わないまま過ごしたという人もいるくらいなのです。

しかし妊娠中からお腹や骨盤をしっかりケアしておかないと、出産後に辛い思いをするのは自分自身です。

妊娠中は勿論出産したら気軽にマッサージにも通えませんので、日々の腰の負担を軽く出来るよう早目の対策をとっておくことが良いのです。

ちなみに妊娠中はおっぱいも大きくなりますので、妊婦用ブラジャーを購入して適宜大きさを調整して下さいね。



七田式英語で子供が簡単にバイリンガルになる理由が知りたい☆

子供がどんどん英語を覚えちゃう!ディズニーの無料英語DVDを試しました!

【失敗談含む】ママさん注意!学資保険を自分で探してはいけない3つの理由!

スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ