0歳から1日20冊以上!絵本読み聞かせlgf01b201401020900

知育や勉強法を実施した時のお子様の年齢を教えてください。

0歳

知育や勉強法を実施した内容のタイトルを教えてください。

0歳から1日20冊以上!絵本読み聞かせ

知育や勉強法を実施した内容を教えてください。

現在6歳の子供が生後6ヵ月になった頃、毎日最低20冊を目標に絵本の読み聞かせを始めました。

日中は親子二人きりの生活なので、少しでも語彙を増やしたかったということと、将来読書好きな子になって欲しいという思いからでした。

まずは赤ちゃん用の薄い絵本を数冊用意して、まだようやくお座りができるようになった子供を膝に乗せ、絵本を読みました。

赤ちゃんですから、一冊全部読み終わるまでじっと聞いたりはしていません。

すぐに他の事に興味を移して動き出したり、絵本のページを引っ張って破ったり・・・。

そんな時は、遊ぶ子供の近くで、本を音読しました。

絵本を直接見ていなくても、音さえ耳に届けば、無意識でも入っていくと思ったからです。

20冊の予定が10冊、5冊となる日もありましたが、とにかく毎日続けました。

数ヵ月すると、1冊読み終わるまで膝に乗っているようになり、次第に「もう一回!」という仕草をすようになりました。

1歳を超えると、自分が読みたい本を「あい!」っと言いながら渡してくれるように。

当初の予定では1日20冊でしたが、もう一回!が何度も続き、結局毎日50冊以上(同じ本の繰り返しを含む)を読むことが日課となりました。

2歳前くらいから、本に書いてある文字を指でなぞりながら読みました。

この頃から文字も少しずつ覚えてきたと思います。

結果、幼稚園入園前には読んだ本1500冊以上、読み聞かせ回数10000回以上となりました。

知育や勉強法を実施した結果どうなりましたか?効果はありましたか?

息子は現在6歳になりましたが、本が大好きです。

平仮名は2歳、カタカナは3歳で読めるようになり、少しずつ自分で読むようになりました。

年長のころは、小学生が読むような本も自分でどんどん読んでいき、語彙も豊富になりました。

通っていた幼稚園が、絵本の読み聞かせを推奨しており、卒園までに5000冊以上を読んだとして表彰していただきました。

みんなに褒めていただき、また友達から「物知り博士」と言われて、本人の自信にもなったようです。

読むジャンルは、物語、絵本、図鑑、学習漫画など様々で、それらから私も知らないような知識を得ています。

恐竜が好きな子は沢山いますが、息子の場合宇宙の誕生から現在までの生命の進化まで詳しく知っていますし、動物の生態や、算数の計算など、こんなこと知ってたの?ということも詳しいです。

就学前から始めた国語の学習でも、長文読解の文章も難なく読めています。

知らない漢字が出てきても、前後の流れから予想して読むという事もできているようです。

これから本格的な勉強が始まるにあたり、自信をもって楽しく学習に臨めるというのは何より良かったと思っています。



スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ