読み聞かせは、知識よりも愛情を伝えるのがコツ

読み聞かせは、知識よりも愛情を伝えるのがコツehon_hahako

読み聞かせは、知識よりも愛情を伝えるのがコツ

いつも仕事で忙しいお父さん、家事で忙しそうなお母さんが、自分のために時間を作って絵本を読んでくれている。

これは、一緒に遊んでくれていることと同じで、子どもにとっては、とても嬉しい事なのです。

「自分のしたい事をしてくれた」という満足感を感じ、親への信頼感へと繋がります。

この事を念頭において絵本を選んでください。

特に知育本を選ぶ際は、「どうせ絵本を楽しむなら、内容も覚えてくれたらラッキー」くらいに気持ちに余裕を持って選ぶと良いです。

知識が主になってしまうと絵本の楽しさは伝わりません。

「この本の内容を覚えさせよう」という意識が働きすぎないようにしましょう。

読み聞かせには、知識よりも他に伝えられるものがたくさんあります。

特に、わが子への愛情です。

読み聞かせは、わが子への愛情を伝える時間なのです。

お父さんは、お母さんは、あなたのことが大好きなのよと伝える代わりに絵本を読んであげるつもりで、読み聞かせをしましょう。

そして、せっかく、絵本の楽しさを伝える読み聞かせをするのであれば、親も楽しみながら読みましょう。

例えば、登場人物によって声色を変えるなどして、気持ちを込めて読んであげましょう。

淡々と文字を読んでいくだけでは、やはり楽しくありませんよね。

また、楽しいものは楽しそうに、恐いものは恐そうに読むだけで、子どものノリが全く違います。食い入るように絵本を見て、ハラハラドキドキしてくれるのです。

感動する本に出会うと、子ども達も本を見ながら、声を聞きながら感動してくれるものです。

そして、何より、子どもが自分で本を読めるようになった時に、棒読みではなく、きちんと抑揚を付けて音読することができるようになるのです。

子どもを楽しませるためには、まず親が楽しむことが大切です。

お父さんやお母さんが楽しそうにしている事は、子どもも一緒にやってみたいと思うのです。

また、絵本を選ぶ時は、子どもの興味の示すものにしましょう。

無理に、名作童話などを選ばなくても大丈夫です。あくまでも「絵本は面白いもの」ということを教えてあげましょう。

子どものキラキラ輝く目を見るとこちらも楽しくなってきますよね。

お子さんも、お父さんやお母さんも楽しい愛情を伝える読み聞かせの時間にしましょう。



七田式英語で子供が簡単にバイリンガルになる理由が知りたい☆

子供がどんどん英語を覚えちゃう!ディズニーの無料英語DVDを試しました!

【失敗談含む】ママさん注意!学資保険を自分で探してはいけない3つの理由!

スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ


  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.