【知育口コミ】2才から母と一緒に家庭英語知育english_book_girl

2歳からの英語が苦手な母と家庭英語知育

夫の海外赴任に子どもたちと共に1年帯同したのをきっかけに、英語が苦手な母が先生となって、家で英語学習を続けています。

英語学習を始めたのは、上の子が5歳、下の子が2歳の時です。

はじめは、「テレビが見たい」と言われた時に、英語のアニメをYouTubeで見せることからはじめました。

海外の幼児向けアニメ「pocoyo」などを中心に見せました。

また、家で遊んでいるときもYouTubeで、英語のフォニックスの歌を流し続けました。

フォニックスのほか、マザーグースもかけ流しました。

「さぁ、歌を聴こうね!」というのではなく、「かけ流す」のが長続きするポイントだと思います。

「日本語のアニメが見たい」と言われ、アニメ視聴が思うように進まない時も、遊んでいる時間にかけ流しを続けました。

家庭で英語学習を続けるとなると、英語が苦手な母親が先生ですので、子どもたちに英語が身についているのか、 何度となく不安になりました。

そこで、英検Jr.という低年齢向けの英検を指標にすることを決め、「英検Jr.オンライン・ラーニング」というオンライン学習を購入し、 この教材を中心に自宅での英語学習を続けています。

親子での家庭英語知育の効果は?

車などの移動中は英語の音楽を、平日は10分ほどでもいいので、英検Jr.オンラインのラーニングで英語に向き合うことを続けたました。

上の子が7歳で英検Jr.ゴールド合格。下の子が5歳で、英検Jr.ブロンズ合格。

この結果を見ると、当然のように、上の子の方が英語レベルが高いように見えますが、下の子は覚えている単語の数は上の子に及ばないものの、発音された単語が何のアルファベットから始まているかを当てる問題では、上の子よりも正答率が高いです。

2歳から英語の音楽、フォニックスなどに触れてきたことが、現在の耳の良さにつながっていると感じます。

日本語も分からないのに英語を早くから学ばせることに抵抗を感じる方も多いと思いますが、 テレビを見る時間、ゲームをしている時間だけ英語に変えるだけでも、子どもの耳には英語が残っていく効果を実感しています。

とくに、低年齢であればあるほど、「テレビを見るときは英語!」「ゲームをするときは英語のゲーム」という環境を続けることで、 それが当たり前のように感じてくれるので、嫌がることもなく親としても導入しやすいので、早めの取り組みが大きな効果を生むと信じています。



七田式英語で子供が簡単にバイリンガルになる理由が知りたい☆

子供がどんどん英語を覚えちゃう!ディズニーの無料英語DVDを試しました!

【失敗談含む】ママさん注意!学資保険を自分で探してはいけない3つの理由!

スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ