【知育口コミ】胎児に音楽知育法(胎教)を試してみましたbaby_komoriuta

試した胎児からの音楽知育法(胎教)は、様々なジャンルの音楽を聴かせること。

始めたのは妊娠後期になってからです。

自分がリラックスすることも兼ねて、私がすきな曲から滅多に聴かない曲まで、様々な音楽を聴かせました。

手軽にYouTubeで検索し、直接だと響きすぎるかなと思い、少し離した所で30分~1時間音楽を流しました。

30分~1時間をワンセットにして、1日に2回を目安にほぼ毎日流してました。

次にしたのは、ピアノを弾くこと。家にピアノがあるので、自分の弾ける曲を弾いてました。

これもジャンルは様々です。

童謡を弾いたり、クラシックを弾いたり、ソナチネの楽譜を出して弾いたりしてました。

これは15分~30分をワンセットにして、1日に1回。

毎日ではなく1週間に3回程しかしませんでした。

また弾くときは優しく弾き、語りかけるような気持ちでゆっくり弾いてました。

あとは、オルゴールを聴かせていました。

機械から出る音でなく、直接優しい音がお腹に響くように、携帯よりも近い所に置いて音を流していました。

胎児からの音楽知育法(胎教)でおだやかな子どもに成長しました。

産まれてからすぐの、子どもがグズる時やご機嫌なときに、お腹の中にいたときにかけていた曲をかけてみても、いまいち反応はありませんでした。

泣き止むことも喜ぶこともせず、赤ちゃんが泣き止む音という音の方が泣き止みました。

しかし、2ヶ月目に入ったときから、音の出るものに興味を持ち始める時期なのか、音楽をかけると、鳴っている方を向き、じーっと聞いているように思えました。

またご機嫌な時に流すと、笑顔を見せてくれるようになりました。

泣いているときは自分の声で聞こえないときは泣き止むことはありませんが、少し落ち着いたときにオルゴールをかけると、なにか鳴ってると思うのか一点を見つめて落ち着いてます。

けれど、お腹にいたときに聴かせた曲全てに反応することはなく、私自身が気に入ってかけていた曲、あまりかけなかった曲関係なしに、聞き入っている時とそうでないときがあります。

けれど、音楽を聴かせてたことで、かけているときとかけていないときを比べると、落ち着く早さが違うように思えます。



スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ