【知育口コミ】0歳児からの絵本の読み聞かせ

【知育口コミ】0歳児からの絵本の読み聞かせ

ehon_girl

定番知育、絵本の読み聞かせから得たものは

子供が生まれる前から、ベッドで優しい微笑みを浮かべ、子供に絵本を読み聞かせているママの姿が私の憧れでした。

それに、子供には本好きになって欲しいという強い思いもありました。

私自身、本が大好きで、大袈裟ですが、生きる指針を本から得るような経験をしているからです。

生憎、憧れの映像のようなお洒落なベッドではなく、煎餅布団ではあったのですが、毎晩、就寝前に子供と寝転んで読み聞かせを始めました。

0歳から1歳頃までは私の好きな絵本、2歳頃からはインターネットや本で調べた年齢に合ったお薦め本、3歳を過ぎ、自分で読みたい絵本を選べるようになってからは、子供が選んだ本、私が選んだ本、両方を読みました。

図書館にはほぼ毎週通い、どっさり本を借りて帰りました。

本を持ち運ぶバッグが何回破れたでしょう。

大変だったけれど、絵本1冊2千円×20冊=4万円分!と頭で算盤を弾けば思わずニンマリ。

その中で、子供が何回も読んで特に気に入った本は購入するようにしました。

そうやって手に入れた本は、子供もとても大切にしてくれています。

ただ、いくら本好きとは言え、毎日毎日絵本を読み聞かせるのは、やはり根気が必要で辛い時もありました。眠たくて眠たくて、子供の顔に絵本を落としたり、イライラして、トゲトゲした声で絵本を読んだり。

日中はどれだけ怒っても、絵本の読み聞かせの時だけは、優しいママで…という憧れの映像には程遠かったものの、慣れてくると毎日ご飯を作るのと同じように、日々のルーティンに溶け込んで行きました。

また、読んだ本を記録するアプリを利用してモチベーションをキープする等、なるべく楽しく続けられる工夫もしました。

こういったアプリを使うと、同じ本を重複して借りるミスを防いだり、お薦めの本を自動で検索してくれたり、なかなか役に立ちました。

10歳頃からは、就寝前も自分で読むようになり、私の読み聞かせはお役御免になりましたが、図書館に頼まれた本を借りに行く使いっ走りは継続中です。

12歳に成長した娘には国語力という副産物がつきました!

今現在子供は12歳。

まんまと本好き女子に成長し、来年中学受験を目指し日々勉強を頑張っているところです。

電車に乗る時も、テーマパークで順番待ちをする時も、暇さえあれば本を読んでいます。

年間数百冊は下りません。

夏休みの読書感想文が学年代表に選ばれたり、作文で賞を取ったり、読み書きに対するセンスは付いたように思います。

そして、読み聞かせの効果が一番大きいと感じるのは、中学受験の勉強科目の中で、国語の成績がとても良いことでしょうか。

語彙力や漢字、文法等の習得は、本を読むだけで付くものではないので、「本好き=国語の成績UP」という単純な図式ではないと思いますが、制限時間内に集中して最後まで問題文を読める、という点が大きいように思います。

このような国語力が付いたことは、嬉しい副作用でした。

あとは、生きる指針となるような素敵な本に出会ってくれたら…、そしていつか娘も親になって、同じように絵本の読み聞かせをしてくれたら…、こん嬉しいことはないと思います。



七田式英語で子供が簡単にバイリンガルになる理由が知りたい☆

子供がどんどん英語を覚えちゃう!ディズニーの無料英語DVDを試しました!

【失敗談含む】ママさん注意!学資保険を自分で探してはいけない3つの理由!

スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ


  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.