ずーっと残る恐怖!妊娠の悩みNo.1「妊娠線の予防」できてますか?ninshinsen

妊娠の悩みに関しても、当ブログに質問が結構な数きます。

妊娠の悩みでも有名な「つわり」や「準備」についての質問も多いのですが、それ以上に多かったのが「妊娠線」について。

  • どうして妊娠線ができてしまうのか?
  • 必ず妊娠線はできてしまうものなのか?
  • 妊娠線を予防するにはどうしたらいいのか?
  • 妊娠線は治りますか?

みなさん、結構悩んでる方が多いんです。

今回は、そんな妊娠線の予防についてまとめていきたいと思います。

ちなみに最初に書いておきますが、妊娠線は出来てしまったら完璧に治ることはありません。シワシワのがさがさした肌になってしまいます。

見た目が悪いだけでなく触っても肌触りが悪い感触が残ってしまいますので、この記事をしっかり見て頂ければと思います。

妊娠線ができてしまう原因は?

ninshinsen2痩せ型の人が妊娠線ができ辛い。ポッチャリの人は妊娠線ができる。ケアをしてない人は妊娠線ができる。

色々な言われがありますが、医学的に妊娠線の原因ははっきりしています。

それは元々の体質などではなく、妊娠してからの「体の変化」がかかわっているのです。

妊娠線ができてしまう原因その1

妊娠線の最も大きな原因は、体重の急激な増加です。

赤ちゃんが体内で育っているのだから体重増加するのは当たり前だ!と思うかもしれませんが、つわりが終わる妊娠中期から「赤ちゃんに沢山の栄養をあたえてあげたい」という方が「食べ過ぎてしまう」事が原因となります。

産院などでは臨月までに8kg程度の体重増加が好ましいと教えられると思いますが、10kg以上も体重が増えてしまう方が多くいます。

赤ちゃんが大きくなるにつれてお腹が大きくなるのは生理的に当たり前ですが、それにプラスして食べ過ぎによる体重の増加で、お腹の大きさの変化が激しくなり、妊娠線が出来てしまうという事になってしまう訳です。

お腹だけではありません。食べ過ぎてしまい二の腕や太もも、おしり、ふくらはぎなど、色んな所に肉割れが発生して妊娠線となってしまうのです。

妊娠線ができてしまう原因その2

妊娠中は、ホルモンバランスが崩れてしまうのは、皆さんご存知かと思います。

また、水分代謝なども著しくなることにより、妊娠中に乾燥肌になってしまう方も多くいます。

元から乾燥肌であったら、状況はもっと深刻になります。

妊娠線クリームでしっかりと保湿ケアをして、乾燥による妊娠線の発生を抑えなければいけません。

妊娠線ができてしまう原因その3

これは、体質といってもいいかもしれませんが、皮膚や筋肉の柔らかさが関係しているといわれています。

妊娠するまでの間にスポーツをよくしていて、人一倍筋肉がついていたり、引き締まった身体であると、皮膚が伸びる事に慣れていない為、妊娠の際の皮膚の引っ張る速度についていけず妊娠線が発生しやすくなるという事ですね。

筋肉で引き締まった身体をしているのが悪いという訳ではなく、そういう方は妊娠線クリームなどでしっかりとケアが必要という訳ですね!

逆にぷにぷにの柔肌を持った女性の方が、皮膚の伸びへの耐性があるという事になりますが、こういった方も妊娠線ケアをしないというのは安易な考えですね。

どちらにしろ、妊娠線ケアは必要で、出来やすい身体かそうでないか?の違いだけです。

「妊娠線予防クリーム」ランキング!口コミやキャンペーン情報も!

妊娠線を予防するには?

上記で記載した妊娠線の3大要因は

  • 急激な体の大きさの変化(太りすぎ)
  • 妊娠のホルモンバランスの変化による乾燥肌
  • 筋肉質の身体

こういった、要因が既に分かっているわけですから、それぞれに対する対策をしていけば良い訳ですね!

太りすぎに関しての注意は、徹底したカロリー管理です。

妊娠期は、思考が変わって今まで対して好きでなかったものが凄く好きになったりします。

そしてそれを無性に食べたくなったりもします。(私はグレープフルーツでした。)

 

お腹の子どもの分まで・・・

 

と2食分食べて良い訳ではありません。

むしろ妊娠中は、あまり激しく体を動かさないので、1食分でも充分すぎるくらいです。

 

そして、乾燥肌筋肉質で皮膚も固いという方は、妊娠してお腹が大きくなり始める位からのクリームによるマッサージが有効です。(今では常識ですけどね)

また、妊婦帯でお腹を支えてあげると、お腹への負担が減り妊娠線の予防にもなります。

成分、コスパで妊娠線予防クリームの人気商品をを比較しました!

今話題の妊娠線クリームを使った予防方法


実際に私が妊娠中に利用していた妊娠線クリームを紹介します!

私が使っていた当時と名前が変わっているけど、成分などは変わっていないし、値段は一本目が凄く安くなっていてお得(ズルい!私の時もやってほしかった(笑))

ちなみに妊娠線クリームは妊娠初期から使って、肌を柔らかく保つことが予防につながるので、早めに予防を始める事も大切なんですね!

話題の妊娠線クリームのベルタマザークリーム

ベルタマザークリーム

ベルタマザークリームの特徴

  • 無添加・オーガニックである
  • シラノール誘導体配合による濃厚保湿の実現
  • コエンザイムQ10で肌もイキイキ!
  • 葉酸配合による引き締め効果
  • 嬉しい美容成分3種類配合
  • オーガニック原料による優しい成分
  • アミノ酸・ビタミン5種類配合で肌を明るく!

ninshinsen4ninshinsen5

ベルタマザークリームはこんな人にオススメ!

  • 妊娠線だけは絶対にならないようにしたい。
  • 妊娠してから、肌がくすんだ印象になった。
  • 実の母のおなかが妊娠線でゴワゴワで予防したいと思った。
  • お腹に年齢のサインが出てきた。

ベルタマザークリーム利用した人の声

  • 次の日は肌がもっちりしました。
  • たっぷりの容量で、しっかり満足したお手入れが可能です。
  • 乾燥が気にならなくなりました。
  • 妊娠してすごく大きなおなかになったけど、ツルンとした綺麗なお腹だったのはベルタマザークリームのおかげです。
  • 妊娠線の友人の話を聞いていたので、友人オススメのベルタマザークリームを利用しました。使い心地もよく、お腹以外にも二の腕などにも使ってました。
  • お風呂上りにお腹、ふともも、胸、おしりに利用していました。使っている部分の肌はもっちりすべすべ!妊娠線なんて出来る気配がありませんでした!
  • 私は、妊娠が発覚して2ヶ月目くらいからベルタの葉酸サプリメントとベルタマザークリームを使っています。妊娠ママには常識になってますよね。
  • クリームの伸びがよく使いやすい!他の物も使った事があるがコスパや使い心地でベルタの製品の勝ち!
  • 雑誌でよく見ていたので、お腹が大きくなってきたら使おうと思っていた商品でした。人気がある商品なだけに使いやすく効果もありました。
  • どうせしばらく使うから定期便にしたんだけど、お試しの一本目が500円て(笑)太っ腹すぎでしょ!
  • 出産後もガサ付く部分やゴワゴワしてきた肌に使えますよ!無駄にならないので即買いでした。

ninshinsen3

妊娠線予防は早く始めるに越したことはありませんが、どうせ使うなら人気があって美容成分が入ったベルタマザークリームを使いたいですね!

妊娠線が沢山出来てしまった人は、凄く後悔してしまうと思います。(友人がそうです。)

葉酸サプリメントは妊娠ママの常識となっていますが、この妊娠線クリームでの予防もまた常識の一つとなってきていますので、しっかりと予防してください。

 

また、ベルタの葉酸サプリメントも無添加で「たまごクラブ」などで良く紹介されていますよね!

ベルタは「ママ達によるママ達の為の企業」を謳っておりますので、現役ママが考えた商品が沢山あるんですね。

ベルタマザークリームのお得情報や特徴などより詳しく見たい方は、こちらの記事へ

妊娠線がよくわかる画像

↓このように、急激にふくらむお腹に皮膚が耐えきれずに妊娠線となってしまいます。(妊娠線ができるかどうかは個人差が大きいですが、ベルタマザークリームなどで予防をしておいて損をするという事はありません。)

ninsinsenn

↓このように、産後にお腹が小さくなっても妊娠線の跡は残ってしまいます。勘違いしてはいけないのが妊娠線ができてしまったからと言って諦めてはいけません。

ベルタマザークリームでケアをおこなえば、妊娠線を薄くする事(限りなく見えなくする)も可能です。

ninsinsenn2

↓ベルタマザークリームなどの妊娠線クリームでケアをして、このような綺麗なお腹を維持したいですね。

ninsinsenn1

↓ 公式サイトはこちらから ↓

葉酸配合、美容成分たっぷりのベルタマザークリーム

妊娠中のママに必要なサプリメント↓↓

妊娠中のママのための☆ベルタ葉酸サプリ☆



スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ