子どもの視力低下、原因と対策は?mushimegane_boy

子どもの視力低下、原因と対策は?

最近では入学前の子どもでも眼鏡をかけている姿をよく見かけるようになりました。

こうした幼児期や小学校低学年の子どもの視力低下は、一種の現代病とも言われ問題となっています。

子どもの視力低下の主な原因として、テレビやゲーム、ポータブルゲーム、パソコンなどを子どもでも使う機会が増え、近くで物を見る習慣が多くなったことが挙げられます。

その他にも、過度のストレスなどによって精神状態が悪化していることも視力低下を招く原因になることが分かっています。

著しい視力低下は日常生活にも支障をきたすこともあります。

子どもにはこれからまだまだ長い人生があるわけですから、子どもの将来を考えてこれ以上の視力低下を防ぐためには早めになんらかの対策をする必要があります。

では子どもの視力低下を防ぐ対策とはどのようなものがあるのでしょうか。

一番大切なことは、目を休ませることです。

つまり、テレビやゲームなど、目を酷使させる時間をとにかく減らすことです。

近視の中でも特に仮性近視の場合は疲れ目が原因で起こることも多く、目を休ませるだけでもかなりの改善が期待できます。
また、ゲームは脳にも大きなストレスを与えます。

視力低下が進んでいるなら、なおのこと控えたほうがよいでしょう。

その他視力低下を防ぐ方法としては、ストレッチをするのも効果的です。

目を上下左右にグルグルと数回動かすだけでも目の緊張がほぐれて血行が良くなるので、視力の改善につながります。

星を眺めたりピンポン玉をやり取りしたり、遠近の目標を交互に眺めるようにするなど、遊びを取り入れたトレーニングでも視力の回復は期待できます。

遊びを取り入れたトレーニング法は視力低下に効果があるだけでなく、親子のコミュニケーションがとれるというメリットもあるためお勧めです。

また楽しみながらできるということで、気持ちの上でも子どもの負担が少ないはずです。

さらに目を温めることでも視力低下を防ぐ効果が期待できます。

温めた濡れタオルを目の上に乗せることで、目の周りの血行が促進されます。

眼鏡というのは一旦かけてしまうと、視力低下が進行して回復することが難しくなります。

そのためにもなるべく眼鏡をかけないうちに視力低下を防ぐことが大切です。

とはいえ、子どものうちはまだまだ視力回復が期待できる時期です。

眼鏡をすでにかけているという子どもさんでも諦めず、対策を早めにしてあげることで視力の回復ができるかもしれません。



七田式英語で子供が簡単にバイリンガルになる理由が知りたい☆

子供がどんどん英語を覚えちゃう!ディズニーの無料英語DVDを試しました!

【失敗談含む】ママさん注意!学資保険を自分で探してはいけない3つの理由!

スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ