身近な電化製品からの電磁波に気を付けて!

身近な電化製品からの電磁波に気を付けて!abcdtv

身近な電化製品からの電磁波に気を付けて!

電磁波による悪影響は、最近では、よく知られるようになりました。

電磁波には、X線などの放射線や紫外線から、日常生活に当たり前にあるテレビや携帯電話から出るものまであります。

妊娠中のレントゲンや日焼けに注意はしていても、日常的に浴びている電磁波には無頓着な人が多いようです。
過剰に電磁波にさらされることで、体の細胞からはカルシウムイオンやマグネシウムイオンが流れ出します。

人間の細胞も電子から出来ています。

これが電磁波の影響で、細胞分子の間で電子が移動してしまい、体内の電解質の働きが乱れて、ミネラル不足になってしまいます。

この電磁波の影響は、細胞分裂の活発な胎児期から乳児期ほど、強く影響を受けてしまいます。

特に、妊娠初期は赤ちゃんの体の重要な部分が作られる大切な時期です。

また、胎児は体の防御機能が十分に発達していないために、電磁波の影響を防ぐことができません。

過剰に電磁波を浴びないようにするためには、当たり前ですが、電磁波を出すものを近くに置かないことです。

特に、ホットカーペットや電気毛布など、寒い時期には必要なものですが、体に密着させて使うものは子どもが乳幼児の間には使用しないようにしましょう。

また、テレビはできるだけ離れて見るようにし、長時間付けっぱなしにしない事、パソコンも長時間使用し続けないほうが良いでしょう。

また、一番、身近にある携帯電話はペースメーカーに誤作動を起こさせるほど、電磁波が強いものです。

スマホが普及している現代ですが、子どもと一緒にいるときは連絡手段以外では使用しない、むやみに子どもに使用させないなど、心がけるようにしましょう。

ちなみに、備長炭というものをご存じでしょうか。

備長炭の主成分は炭素です。

これは、電子の流れを整え、磁場を安定させる働きがあるのです。

電化製品の周りに置くだけで、電磁波から守ってくれますので、試してみてはいかがでしょうか。

異常に神経質になる必要はありませんが、電磁波を浴びすぎることのないよう、できる限り、絵本やおもちゃ、外で遊ぶなどで一緒に過ごしましょう。



七田式英語で子供が簡単にバイリンガルになる理由が知りたい☆

子供がどんどん英語を覚えちゃう!ディズニーの無料英語DVDを試しました!

【失敗談含む】ママさん注意!学資保険を自分で探してはいけない3つの理由!

スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ


  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.