子ども・幼児の便秘の改善と原因

子ども・幼児の便秘の改善と原因toilet
『子ども・幼児の便秘の改善と原因』

子どもの便秘は重病という認識はされてはいませんが、便秘で悩む子どもは意外と多いですよね。

基本的な知識や原因・改善策を知ることでママさんのお力になれたらと思います。

子ども・幼児の便秘

便秘とは「便が硬くて出にくい」という状態をいいます。

この便秘も人により様々なのですが、腹痛や吐き気、食欲低下などの辛い症状を伴ったりする子もいます。

このように日常生活に支障が出る便秘は受診して治療することになります。

慢性化している便秘の場合は薬だけでなく、生活習慣の見直しも大切になってくるようです。

子ども・幼児の便秘の原因

子どもの便秘の場合、大人と違いウンチを出す力が弱いことによる便秘が考えられるそうです。

それに加え、幼児期のトイレトレーニングや、学童期の通学開始に伴う学校での排便の我慢。こういった条件が重なり便秘を引き起こしてしまいがちです。

学童期になると、周囲との友達関係も幼児期に比べ複雑になり、ストレスにより自律神経のバランスが崩れる事も原因の一つとされています。

子ども・幼児のトイレトレーニング

トイレトレーニングは大人も根気のいるものですよね。失敗してしまうと後片付けも大変でついつい叱っていませんか?

デリケートな子どもにとって「失敗すると叱られる」というのを繰り返してしまうと、失敗することを怖がり体へと伝わり便秘になってしまいます。

トイレトレーニングを成功させる一番の方法は「誉めてあげる」ということです。

失敗しても叱らずに、次を見据えてあげましょう。出来たときはこれでもか!と褒めてあげることで自信につながります。

子ども・幼児の便秘改善

何日も出ずにつらそうな時は医師へ相談するのが良いと思いますが、お家で出来るケアもしてあげましょう。

生活習慣を見直すことで改善する場合もありますし、便秘に良い食物もあります。

子ども・幼児の便秘を生活習慣で改善

・朝起きたらコップ1杯の水を飲み、必ず朝食を摂りましょう。腸が目覚めて動き始めます。

・学童期の子の場合、登校前にトイレに行く十分な時間をとってあげて、習慣づけてあげましょう。

夜ふかしは便秘の要因です。早寝早起きで体を規則正しい状態にしてあげましょう。

子ども・幼児の便秘を食事で改善

便秘改善に良いとされる食品

玄米・海藻・ソバ・枝豆・納豆・小豆・なめこ・寒天・カボチャ・里芋・サツマイモ・オクラ・ゴボウ・ニンジン・モロヘイヤ・バナナ・リンゴ・キウイなど

便秘によくないとされる食品

ケーキ・アイスクリーム・プリン・ゼリー・牛乳・市販の野菜ジュース・スナック菓子など

野菜ジュースや牛乳は便秘に良いと思われがちですが、子どもには必ずしも当てはまるものではないそうです。

「牛乳を飲むとお腹がゆるくなる」というのは大人の話しだそうです。

子どもは乳糖分解酵素が十分にあるため牛乳をたくさん飲んでも便がゆるくなることはなく、逆に便を硬くしてしまうという小児科医の意見もあるようです。

赤ちゃんの頃、母乳よりも粉ミルクの赤ちゃんのほうが便が硬めだったりしましたよね。

また、乳酸菌が良いとヨーグルトを食べさせたりしますが、子どもはもともと善玉菌優位なので、大人ほど効果はみられないとのことです。

実際に便秘がちな我が子にヨーグルトを一生懸命食べさせましたが、効果はあまり見られませんでした。フルーツやケフィアを混ぜたスペシャルヨーグルトを食べさせていたら便秘改善してあげられました。

スペシャルヨーグルトは、以前赤ちゃんの便秘の記事で紹介しました。

⇒ 乳児・赤ちゃんの便秘を改善する4つのテクニック

正しい知識を私たち大人が知っておくことはとても大切ですね。



七田式英語で子供が簡単にバイリンガルになる理由が知りたい☆

子供がどんどん英語を覚えちゃう!ディズニーの無料英語DVDを試しました!

【失敗談含む】ママさん注意!学資保険を自分で探してはいけない3つの理由!

スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ


  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.