子供のあせもと湿疹の対策massage

子供のあせもと湿疹の対策

子供は汗っかきです。

こまめに着替えをしないとあせもや湿疹を発症します。

季節に応じた衣服の着せ方や肌トラブルの対策方法について学びましょう。

子供のあせもと湿疹の対策:【春・秋】

比較的過ごしやすい時期ですが、夜には少し肌寒いこともあります。

日中は長袖長ズボンを折り、夜は元の長さに戻す等して体温を調整しましょう。

外に出かける時は体温調節がしやすいよう、脱ぎ着できる服を1枚持参しましょう。

子供のあせもと湿疹の対策:【夏】

最も汗をかきやすい時期です。

クーラーや扇風機をうまく使い、部屋の温度を一定に保ちましょう。

おむつの中、特に腰のあたりは汗でムレてしまいます。

おむつ交換の時には乾いたガーゼで汗を軽く拭き取ってあげましょう。

外気温が高いので、ビニールプールや金タライで水浴びをすると全身の汗を綺麗に洗い流すことができます。

また長い時間密着する授乳はお母さんと子供の肌が密着するので、お互い汗だくになります。

お母さんの腕にガーゼを巻いてから赤ちゃんの頭を乗せると、汗を吸収してくれて良いですよ。

子供のあせもと湿疹の対策:【冬】

寒いからと言って着せすぎると、逆に汗をかきすぎてしまってあせもになることも。

あせもは夏だけの病気ではないのです。

手足を触って冷たかったら着せる、頭がムレていたら脱がせる等子供の様子を見て服で調整しましょう。

夜に布団をかけすぎるのも汗をかく要因の1つです。

動けない赤ちゃんでしたら様子を見つつということになりますが、動ける子でしたらスリーパーを着せておく等して布団の中に埋もれさせることのないようにしましょう。

子供のあせもと湿疹の対策:【あせもと湿疹】

あせも対策に必要なのは、汗の刺激から肌を守ること。

自宅ではローションやクリーム、外出先ではスプレータイプを使い分け、とにかく早めの対策をしましょう。

湿疹はあせもが原因の場合もありますが、食物アレルギーやアトピーの可能性もあります。

間違ったケアをすると症状が悪化します。

ただしアトピーはほっぺただけではなく頭部や膝に湿疹が出てきますし、アレルギーでしたら口のまわりの発疹とあわせて嘔吐の症状が見られる等違いがあります。

かかりつけの小児科で指示を仰ぎましょう。

ちなみに生後2週間から発症する乳児湿疹もあります。

乳児湿疹はどの赤ちゃんも発症する恒例の肌トラブルですが、子供やお母さんの食事内容(母乳の場合)によって症状の濃淡があります。

気になるようであれば1ヶ月検診で相談してみましょう。

誰もが1度は肌トラブルを経験するはずです。

肌トラブルは肌が弱い乳児期に多く出るものであり、一生付き合うものではありませんので、落ち着くまで辛抱しましょう。



七田式英語で子供が簡単にバイリンガルになる理由が知りたい☆

子供がどんどん英語を覚えちゃう!ディズニーの無料英語DVDを試しました!

【失敗談含む】ママさん注意!学資保険を自分で探してはいけない3つの理由!

スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ