【知育口コミ】小学1年生の子供の国語力UP知育法school_test_boy

小学校1年生の時に挑戦した1000文字の読書感想文

お絵かきが毎日の日課だった子供が、幼稚園に入園してひらがなを覚え始めると、毎日2~3行のメッセージをメモにして渡してくれるようになりました。

小学校へ入学する時分には、漢字をビジュアル的に意識してなぜか「山」と「田」と「茶」の三つの漢字を好んで、並べて練習するようになりました。

「やまでちゃ!やまでちゃ!」と、漢字に馴染む子供を見て、国語力の向上を期待しました。

そんな折、小学校の先生から読書感想文のコンクールへの参加を促されて、子供にもよくよく説明したうえで、1000文字の読書感想文作成に挑戦させてみることにしました。

学校推薦図書をテーマにするのは、気が進まないようだったので、子供の好きなアニメ「若草物語」の絵本をテーマに取り組むことにしたところ、感想のまとめかたや、文章中の「です。ます。」調での言葉の使い方など、覚えることができました。

何よりたくさんの文字を書くことで、国語に馴れ親しむことが出来て良かったと思います。

1000文字の読書感想文の挑戦が子どもに与えた影響は・・・

感想文作成を始める前よりも、物語を深く理解できるようになり、漢字に対する暗記力もUPしました。

毎日決まった時間、机に向かい言葉を反復し感じたこと思い出すことは、集中力を養うのにも役立ったようです。

小学1年生にとって、1000文字を書くことは難行だったと思いますが、その後も子供が読書や感想文を書くことを嫌わず、どんどん国語を好きになっていったので、漢検にも役立ちました。

国語力をつけることは日本での学びの基本だと思います。また数学の問題文の理解力UPにも繋がったので、一安心でした。数学の文章問題の文章を理解できなくて、計算式に辿り着けなくなっては困りますから。

そんなこともあって、小学1年生の時の1000文字の読書感想文作成は、気力と体力で物事を完成させることが出来た、子供にとって良い経験となりました。

長時間、頑張って机に向かう子供を褒めてあげる、どんな質問も受けて、子供が答えを理解・納得するまで教え続けることが、大事なことも改めて実感した次第です。



スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ