赤ちゃんに関するお祝い事一覧~出産時の内祝いについてsyussan_akachan

赤ちゃんに関するお祝い事一覧~出産時の内祝いについて

新しい命が無事に誕生し成長してくれることは誰にとっても嬉しいことであり、たとえ自分の子どもでなくてもそれを望まない人はいないと思います。

赤ちゃんは無事に生まれ成長してくれるよう、私たちはいろいろなお祝い事をします。

こうしたお祝い事は形だけでなく、命に対する深い思いやりを受け継ぎ、子供たちにも伝えていくためにとても大切なことなのです。

次に挙げるのは、赤ちゃんを授かってから成長するまでの間にあるお祝い事一覧です。

あなた自身が赤ちゃんを授かった時、また身近な人が赤ちゃんを授かった時、是非参考にしてみてください。

赤ちゃんに関するお祝い事一覧~出産時の内祝いについて : ①戌の日(妊娠5か月目)

このお祝い事は古く江戸時代から受け継がれているもので、お産の軽い犬にあやかって広く行われているものです。

「戌の日」の妊婦さんはお腹に腹帯と呼ばれる布を巻いて神社を参拝し、赤ちゃんの健やかな成長と安産をお祈りします。

この時期はちょうどお腹も大きくなりはじめたころであり、出産に向けて母親となる自覚を促すという意味でも大切なお祝い事だと言えます。

赤ちゃんに関するお祝い事一覧~出産時の内祝いについて : ②出産(0日目)

これは赤ちゃんとその家族にとって初めての大切な記念日となります。

写真など、後々記念に残るものもしっかり残しておけば一生の宝物になるはずです。

赤ちゃんに関するお祝い事一覧~出産時の内祝いについて : ③お七夜(7日目)

赤ちゃんの死亡率も高かった昔は、この7日目という時期を目安に「これから無事に生き続けられるか」ということを確認していたと言われています。

は7日目の夜に親族が集まり、命名書を飾って盛大に祝っていたようです。

現代ではちょうど退院をする時期ですので、家族みんなで退院祝いをするという形になっています。

赤ちゃんに関するお祝い事一覧~出産時の内祝いについて : ④お宮参り(30日目)

赤ちゃんの誕生を神様に報告して健やかな成長を祈る儀式であり、赤ちゃんに華やかな祝い着を着せて神社でお祓いをしてもらいます。

昔は男の子は生後31日目、女の子は32日目でお参りすると決められていましたが、最近では家庭によって参る時期もその方法も様々なようです。

赤ちゃんに関するお祝い事一覧~出産時の内祝いについて : ⑤お食い初め(100日目)

「一生食べものに困らない人生を歩むように」との願いを込めて行われるお祝い事がお食い初めです。

実際この時期の赤ちゃんはまだ食事をすることはできませんが、一般的には一汁三膳の祝い膳を用意して食べる真似をさせます。

ただし現代ではそれほど厳密にする必要はなく、家庭によってそのやり方もまちまちです。

赤ちゃんに関するお祝い事一覧~出産時の内祝いについて : ⑥初節句(3月3日、5月5日)

女の子は桃の節句である3月3日にお雛様を囲んで食事をし、男の子は5月5日の端午の節句に鯉のぼりや五月人形を飾って食事をするなどして祝います。

ただし、こうした初節句が生後間もない時である場合は、来年以降に繰り延べされることもあるようです。

また、ひな人形や鯉のぼりなどの飾り物は、昔は母方の実家から送られるという習わしがありましたが、最近では両家で分け合って負担することも少なくありません。

こうして365日目、つまり1歳の誕生日を迎えるというわけです。

その後のお祝い事としては、七五三があります。

こうして人は生まれた時からお祝い事を繰り返しながら成長していくのです。

ところでお祝い事が自分にあった時に、身近な人からお祝いを貰うこともあると思います。

特に出産祝いというのは自分がする機会も多いのではないでしょうか。

お祝いをいただいた時には、そのお返しとして後から「内祝い」を送るのが一般的です。

現代では、いただいたお祝いに対してのお返しという意味で解釈されることが多い「内祝い」ですが、元々は「お返し」という意味ではなかったようです。

昔は、内祝い=自分のところのお祝いという意味であり、その喜びを祝いの品という形で他の人にも分け与えて一緒に喜んでもらうためのものだったようです。

ですのでおめでたいことがあった時に、内祝いを先に贈ることは昔では当たり前のことでしたが、現代では「内祝い=お返し」というイメージが定着してしまったこともあり、先に内祝いを贈ることはほとんどなくなりました。

どのような形にしろこうしたお祝いのやりとりは、赤ちゃんの健やかな成長を通して家族の絆を強めてくれるという大切な意味を持っているのです。



スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ