【知育口コミ】1歳からのベビースイミング知育baby_swimming

1歳からのベビースイミング知育でスキンシップ&シェイプアップ

1歳からベビースイミングスクールに入会し、週に2回、娘と通っていました。

主人の転勤で知らない土地に引越したので知り合いも居なく毎日娘と買い物に出かける程度だったのですが、スイミングスクールに入会してからは一週間のリズムが出来てとても楽しかった思い出です。

まだ、よちよち歩きでしたが、プールサイドでぽんぽん体操という準備体操をしたり、マットに横になりマッサージなども教わりました。

プールには親が抱っこをして一緒に入り、プールの中を抱っこでゆらゆらさせながら前に進み、今度は後ろに進むなどを音楽に合わせて行いました。

これが、結構よい運動になって、息が上がって、翌日太ももが筋肉痛になるなんてこともあり、私の体も引き締まっていくように感じていました。

娘とはかなり良いスキンシップが取れていたと思います。

娘も私も目を見合わせて笑顔でレッスンを受けることができていました。

また、水中パスという先生の手から私の手へ水中で子供をパスするという内容もあり、ドキドキすることもあったのですが、プロの先生にお任せして普段プライベートではやってあげられないことを体験させてあげることができたのでベビースイミングはとても良かったです。

ベビースイミングスクール知育の効果は基礎体力でした。

現在、娘は小学二年生になりました。

スイミングスクールは幼稚園に入り親子スイミングでなくなると泣いて辞めたい!と言い出してしまい残念な気持ちでしたが辞めてしまいました。

それでも、プールは大好きで水を全然怖がらないので、家族でプールに遊びに行ったときなどに私が教えてあげると泳ぐことに挑戦して、自己流ですがなんとかバタ足で10メートルほど泳げるようになりました。

これは明らかにベビースイミングのおかげだと思います。

ビート版を使ってのバタ足も他のお友達よりもしっかしとしたキックが出来て早く進むことができます。

幼稚園に入るまでのスイミングスクールで基礎がしっかりと出来ていたんだと思います。

しかも、娘は筋肉が適度についてとても引き締まったスタイルです。

親子で始めたベビースイミング、途中で辞めてしまったけれど今になって思うことは、無駄では無かったんだなと思います。

今でも、一緒にプールに行ったときに昔を思い出して、一緒にスキンシップをとったりシェイプアップを心がけたりと楽しく育児が出来ています。



スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ