【知育口コミ】1歳からイングリッシュカードリーダーで英語知育english_book_boy

イングリッシュカードリーダーで1歳からの英語知育を始めました。

「ソフィア教育研究所」が販売している「ポップアップイングリッシュカードリーダー」を購入し、息子の英語教育をしました。

幼いころから英語に触れさせて、ネイティブの発音をできるだけ早くから耳に入れたかったので、言葉を話し出す1歳から使い始め、6歳(幼稚園卒園)まで行いました。

機械にカードを通すと英単語や英語の文章の音声が出るので、小さい子供でも楽しく英語を学ぶことができたと思います。

カードの種類も多く、それぞれのカードのイラストもカラフルなので、息子は母親や父親と一緒に喜んでカードを通し、音声の後に続いて自分も英語を話していました。

(例えば、象のイラストの描いてあるカードをカードリーダーに通すと、ネイティブな発音でエレファントと音声が出ます。その音声を聞くことも大切ですし、一緒に発音することも大切な英語学習になります。)幼稚園頃からは自分一人でもできるようになり、家でしょっちゅう使っていました。

特に時間は決めていませんでしたが、大体毎日15分はやりました。

英語を無理やり学習させられているという感じではなく、自発的に楽しみながら学習できたのが何よりも良かったです。

価格は三万円程度で、約6年間学習できました。

1歳から始めた英語知育でタイミング的にも効果的でした。

一歳の言葉を話し出すタイミングでやり始めたので、非常に効果がありました。

日本語の一語文を話し始めると同時に簡単な英単語も話し出しました。

また驚いたのは、日本語よりも先に英語で覚えた言葉があったことです。

息子が何かが欲しい時に、「ちょうだい」や「取って!」とまだ言えない時であったにも関わらず、カードリーダーで覚えた「give me」と言ったことです。

幼児の発音ですので、「ギブミー」としっかりとは発音できていませんでしたが、自分が取って欲しいものを指さしながら「ギミー」と発しました。

その後も動物の名前など日本語と同じスピードで英語での名前も覚えていき、発音もネイティブと同じ発音で発音することができました。

息子にとっては英語学習をしているというよりも、カードを通して色々な言葉や音が出るおもちゃで遊ぶ感覚だったようで無理なく英語教育が続けられ、どんどん英語が好きになりました。

小学校に入ってから英語の授業が始まりましたが、息子は発音がとてもよかったので、早期に英語学習を始めたことはとても効果がありました。



七田式英語で子供が簡単にバイリンガルになる理由が知りたい☆

子供がどんどん英語を覚えちゃう!ディズニーの無料英語DVDを試しました!

【失敗談含む】ママさん注意!学資保険を自分で探してはいけない3つの理由!

スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ