第34週【生後8ヶ月】大きさを認識する知育遊びbaby_yubi_syaburi

【生後8ヶ月】からの大きさを認識する知育遊び

左右の認識、上下の認識、中の認識、円の認識と、8ヶ月までの間に様々な認識力を高めてきました。

今回は新しく大きさを認識する知育遊びを紹介します。

【生後8か月からの知育】ボウルで遊ぼう

壊れにくくて且つ大きさが色々ある、ボウルを準備します

それらを、赤ちゃんの近くに一列にして並べます。

この時、左から右にかけてどんどん大きくなっていくように並べます。

1番左にある1番小さなボウルを、隣のボウルの中に入れ、どんどん重ねていきます。

この動きを、何度も繰り返します

赤ちゃんの手を持って、一緒に手伝ってもらいましょう。

大きさを認識する知育遊びですから「これは大きいボウルだね」「小さいボウルが入ったね」等の「大きい」「小さい」というキーワードを入れて赤ちゃんに話しかけましょう。

赤ちゃんの興味がなくなるまで、この動きを繰り返しましょう

【生後8か月からの知育】軽量カップでも遊ぼう

この知育遊びは、大きさの種類が色々ある軽量カップでも遊ぶことができます

ボウルや軽量カップを重ねたり触ったりすることで、生後8ヶ月の赤ちゃんの脳は大きさや丸という概念を学習していきます。

見る、触る、重ねる、この何気ない動きが、赤ちゃんの認識する力を養っていくのです



スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ