第29週【生後7ヶ月】積んで重ねて楽しむ知育遊びbaby_negaeri

【生後7ヶ月】からの目と手の連携動作も刺激してくれる知育遊び

7ヶ月の知育遊びは、下の概念を更に理解することと、新しくママの真似っこをすることから始まります。

今回紹介する知育遊びは積み重ねる知育遊びです。

これは目と手の連携動作も刺激してくれる知育遊びです。

【生後7ヶ月】からの積み重ねる知育遊び

洗剤の空き箱や牛乳パックの空きパック、糸巻や積み木などを3つ用意しましょう。

赤ちゃんに見える位置で3つを積み重ね、倒します。

この知育遊びを繰り返します。

もし赤ちゃんが興味を持ったなら、体を起こして一緒に遊びましょう

一緒に積み上げて、一緒に倒す。

そして、倒れる時に「」と強調して下さい。

一緒に出来たら、次は赤ちゃん1人でやらせてみて下さい。

ママが手助けしても構いません。

赤ちゃんが積極的に遊んでいるならば、それを褒めてやる気にさせましょう

【生後7ヶ月】からの色々なものを積み重ねる

赤ちゃんが飲み込んだりする危険性のないものならば、色々な種類のものを積み重ねさせましょう。

ただし、7ヶ月の時点では数は3つまでで良いです。

まだ7ヶ月なので、数が多すぎると刺激が強すぎるのです。

応用編として、食品トレイや発砲スチロールをペットボトルのキャップが2~3個乗るくらいの大きさに切ります。

そしてキャップを積み重ねる時に、キャップとキャップの間に挟みます。

キャップだけならば不安定ですが、トレイを挟むことによってより安定します



スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ