第7週【生後1ヶ月】耳に音を聞かせる知育遊びbaby_komoriuta

赤ちゃんが生後1ヶ月を迎えました。

これまで音に関する知育遊びと言えば、ママの話しかけや歌が中心でした。

しかし今回紹介する知育遊びは、ガラガラやベルといったおもちゃを使った知育遊びです。

音を聞くことは耳への刺激だけではなく、赤ちゃんが興味を持って体を動かそうとする際の刺激にもなります。

【生後1ヶ月】の赤ちゃんに大きな音を聞かせてみる

ガラガラやベルを鳴らしてみましょう。

赤ちゃんは、音の聞こえる方向に体を動かしたり、目線を動かしたりするでしょうか?

反応があれば、今度は左側で鳴らして、次は右側で鳴らして・・・という風に知育遊びを繰り返しましょう。

【生後1ヶ月】の赤ちゃんの目と手を動かそう

このガラガラやベルの音を使った知育遊びは、聞くだけでは終わりません

赤ちゃんの左右で音を鳴らし終えたら、少しだけ赤ちゃんの手に触らせてみましょう。

そうして触らせたら、今度はママが赤ちゃんの目の前にガラガラを動かして音を鳴らしましょう。

赤ちゃんはガラガラの音を聞くだけですか?

手を伸ばして触ろうとしませんか

もし触ろうとしたら、そのまま触らせてあげて下さい。

聞くだけならば、赤ちゃんの左側にガラガラを移動させ、また鳴らして下さい。

聞こえた音に反応して頭を動かすかどうかチェックして下さい。

生後1ヶ月の赤ちゃんにとって、聞く見る触るという一連の知育遊びは、目と手の動作の連携を刺激することに繋がります。



七田式英語で子供が簡単にバイリンガルになる理由が知りたい☆

子供がどんどん英語を覚えちゃう!ディズニーの無料英語DVDを試しました!

【失敗談含む】ママさん注意!学資保険を自分で探してはいけない3つの理由!

スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ