1歳半からの知育ゲーム・育脳遊びcar_childseat

1歳半からの知育ゲーム・育脳遊び

1歳半からの知育ゲーム・育脳遊び:見つけられる?

子どもが大好きな遊びの一つです。

ぬいぐるみなど、お子さんの好きなおもちゃを一つ選んでください。

そのおもちゃを、お子さんが見ている前で、箱などの中に入れ(隠し)ます。

その後、「あれあれ、クマちゃんどーこだ?一緒に探してみようね、はい、1・2、3」などとお子さんに声をかけます。

一緒にぬいぐるみを探すように促して、隠した場所から取り出して見せ、「ほら、こんなところにいたよー。見つかってよかったねえ」と喜んで見せます。

ほかのおもちゃやぬいぐるみでも、同じ遊びをしてみましょう。

その際は「どこにいるのかな?」という前振りと、「さあ、1,2、3で探そうね」という声かけはお忘れなく。

だんだん慣れてきたら、お子さん自身が探すように誘導します。声をかけてやる気を奮起させることが大事です。

脳内の「考える部分」から運動皮質を経て筋肉に達するルートのことを脳内神経回路と呼びますが、この回路を鍛えるためには、反復経験が有効です。

赤ちゃんは生まれてすぐ、脳内神経のルートを形成し始めます。

1歳半からの知育ゲーム・育脳遊び

1歳半からの知育ゲーム・育脳遊び:つまかえてごらん!

楽しみながら運動神経の発達にも役立つ、大変すぐれた遊びです。

まず、「パパ(ママ)は小さなネズミさんです。猫ちゃんがネズミをつかまえるんだけど、まーくん(お子さんの名前)は猫ちゃんになって、ネズミさんをつかまえられるかな?」と、設定状況をお子さんに話して、ゲームを始めます。

それぞれをその設定らしくするために、「ネズミはチューュー、猫はニャアニャアって鳴くから、鳴いてみようね」と言って、「チューチュー」と言いながら四つんいになり、逃げる振りをします。

その後、「猫ちゃん、つかまえられるかな?チューチュー」と声をかけて、自分を追いかけるように誘ってみます。

何もないところを逃げるよりも、ソファの後ろやテーブルの下などを逃げ回ると、よりネズミらしさが演出できます。お子さんが頭をぶつけたりけがをしたりしないように配慮しつつ、自由に動いてみてください。

お子さんが遊びの内容を正しく理解できている様子だったら、「今度はパパ(ママ)が猫ちゃん、まーくんがネズミさんだよ」と、役割をターンして追いかける振りをしてみます。遊びを面白いと感じたお子さんは、いい調子で逃げ回ることでしょう。

神経系回路を鍛えるのに役立つ遊びです。

将来的には学術的なスキル向上に役立つ遊びなので、積極的に取り入れたいところです。



スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ