【1歳第43週】鍋とふたが知育遊びの道具になるkosodate_kaiwa_boy

【1歳】からの男女の区別なく遊べる知育遊び

今回紹介する知育遊びは、どの家庭にもある鍋とそのふたを使った知育遊びです。

鍋を使うと聞くと、おままごとを想像するかもしれません。

しかし、この知育遊びはおままごとではなく、そして男女の区別なく遊べる知育遊びとなっています。

【1歳からの知育】鍋とふたで遊ぼう

ふた付きの鍋を3組用意して下さい。

ふたと鍋は離しておき、1歳の子供の自由にさせます。

さあ、1歳の子供は鍋とふたを正しく組み合わせているでしょうか

それともふたをおもちゃのように叩いていますか?

遊び方は自由です。

しばらく遊ばせてから、鍋とふたの正しい組み合わせをみつけさせて下さい

【1歳からの知育】鍋の中身は・・・?

鍋とふたに興味を持っている内に、それぞれの鍋に入る大きさのものを計3つ用意して下さい。

中に入れるものは、1歳の子供が選んだもので構いません。

が、1歳の子供がそのものの名前を認識しているものにして下さい

手順としては、ものを入れる→鍋に合ったふたを乗せる、の2つです。

3つのものを鍋に入れ終えたら、1歳の子供に問いかけてみましょう。

おもちゃはどこかな?

ぬいぐるみはどこかな?

ママが鍋の中に入れたものを聞き、1歳の子供が該当のものを鍋から出すことができれば成功です。

3回全部できるまで繰り返しましょう。

【1歳】からの知育遊びのアレンジ

慣れてきたら、この鍋とふたを使った知育遊びをアレンジしてみましょう

1歳の子供の目の前に、ひもやテープで境界線を作ります。

そして、鍋は左に、ふたは右に・・・と置くように指示します。

こっち」「あっち」という言葉を意識しながら、課題に取り組ませ、解決する力を養いましょう。

またお片づけもやらせましょう



スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ