【1歳第41週】袋を使って認識力を試す知育遊びkosodate_kaiwa_girl

【1歳】からの知育遊びの効果

この時期には、ママのバッグや買い物袋を持ちたがる等の動きが見られると思います。

そんな1歳の子供にぴったりの知育遊びを紹介します。

この知育遊びでは、

  • ものの名前の認識
  • 記憶力
  • 指示に従う

ことだけではなく、コミュニケーション能力の育成も期待されます。

【1歳】からの知育遊びのやり方

この遊びに必要なものは、

  • 3つの目的地
  • 3つのおもちゃ

です。

袋は、子供が持ち運びしやすいように

  • 取っ手付きの紙袋
  • エコバック
  • トートバック

を選びます。

目的地は、他の部屋でも良いですし、同じ部屋の違う3点(ベッドの上、机の下、窓際等)でも良いです。

決めた目的地1箇所につき、1つのおもちゃを設置します。

ママは1つめの部屋に行き、「●●を袋の中に入れて」と指示します。

これを2回繰り返します。

【1歳からの知育】指示に従えるか?名前を認識できているか?

3つのおもちゃが入った袋を持って、4つめの場所に行きます

そこで袋の中身を出します。

出てきた3つのおもちゃの名前を、子供に言わせましょう。

勿論1歳後半は言葉に個人差がある時期ですから、正しく言える子、言えない子がいるはずです。

できなくてもママがサポートすれば良いので、とにかく言わせてみましょう。

また、名前を言い終わったら、そのおもちゃをあった場所に戻すように言いましょう。

ここでも出来ないようなら、ママがサポートします

【1歳】からの知育遊びの応用

部屋を変える、場所を変える等して、この知育遊びに広がりを持たせて下さい。

そうすると部屋の名前、そこは誰の部屋なのかいうことを認識していくのです。

また、この知育遊びの利点は外でもできることです

  • 公園
  • 電柱
  • 花壇

等、外にあるものを利用して是非この知育遊びを実践して下さい



スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ