【1歳第44週】じょうごを使って認識力を高める知育遊びstand1_front01_boy

【1歳からの知育】「じょうご」って何?

皆さん、じょうごと聞いてなんのことだか分かりますか?

液体や固体を小さい穴の容器に入れる時に使う、細長い管のついた容器です。

粉ミルクを哺乳瓶に移す時に、似たようなものを使っている方もいるのではないでしょうか?

今回は、じょうごを使った知育遊びをご紹介します。

【1歳】からの知育遊びの準備

用意するものは

  • じょうご
  • 大小様々な大きさのプラスチック容器
  • ペットボトル

そして別の容器に入れた

です。

水でこの知育遊びをする時は、

  • お風呂場
  • 台所

といった濡れても良い場所でやりましょう。

砂と米の時は、外がおすすめです。

どうしても家の中で遊ぶ時は、ビニールシートを敷く等して汚れるのを防ぎましょう

【1歳】からの知育遊びの実践

1歳の子供はじょうごの使い方を知らないと思うので、まずはじょうごの使い方から教えます。

実際に、水か砂か米をじょうごから容器に移すところを見せましょう。

ママがお手本を見せた後は、1歳の子供にやらせて下さい

じょうごを使って中身を移す動きを、ひたすら繰り返してもらいます。

その間、ママはただ見ているのではなく、米に触ってその感触を、水に触ってその冷たさをという風に認識させましょう。

もしこの知育遊びに飽きてしまったら、色をつけて遊びましょう

着色料を2~3滴、エチルアルコールを大さじ2杯加え、ふたをして振ります。

そうすると米や水の色が変わるので、また面白くなるはずです。

【1歳】からの知育遊びの効果

この知育遊びは、1歳の子供に

  • 「どうやったら容器に注げるだろうか」
  • 「中身が無くなってしまった=空(から)」

と色々な認識を与えることができます。

認識力を高める知育遊びはたくさんありますが、この知育遊びはじょうごの使い方も学べるので一石二鳥ですね



スポンサードリンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ