【1歳第26週】お盆でものを運ぶだけで知育遊びkosodate_kaiwa_boy

 【1歳】からの行動を活かした知育遊び

1歳の子供が好きなこと、それは小さなゴミ(糸くずや紙きれ)を拾って、大人に見せること。

今回は、そんな子供が好きな行動を活かした知育遊びを紹介します。

【1歳からの知育】とにかく褒める

床に落ちている小さいものを持ってこられた時、ママは「小さいものは口に入れたら危ない」と思うかもしれません。

しかし、この知育遊びの時に限っては、その考えは止めてください

1歳の子供にものを見せられたら、それを何かの容器に入れさせます。

そして、「よく持ってきたね」「上手に入れられたね」と褒めてあげましょう。

【1歳からの知育】お盆で運んでもらう

家庭ゴミになりがちな食品トレイ、あるいは発泡スチロールを用意します。

それをお盆に見立て、更にその上に軽くて壊れにくいものを乗せてあげます

子供が普段遊んでいる

  • ブロック
  • 糸巻
  • 洗濯ばさみ
  • スプーン

といった、子供が触っても安全なものが良いですね

1歳の子供にお盆を持たせたら、最初は短い距離から運ばせてみます。

目標は、何も落とさずにゴールまで辿り着くこと。

もし途中で落としてしまったら、自分で拾わせてお盆に戻させてください。

なるべく自分の力で完結させるようにするのです

上手にできるようになったら、1つ、2つとお盆の上のものを増やしていってください。

この時も、勿論褒めます。

たくさんお盆の上に乗っているのに、上手に運べてすごいね

これで1歳の子供のやる気が芽生えるはずです

【1歳からの知育】お盆で運んでもらう・応用編

別の日、今度はお盆にボールを乗せてみましょう。

ボールは落としても安全なように、ゴムやプラスチックのボールにして下さい。

お盆を運ぶ際には、ボールが動くので「ボールをちゃんと見てね」と教えてあげましょう。

ここでも、落としてしまったら自分で拾わせてお盆に戻すことを徹底しましょう。

何度も知育遊びを繰り返していく中で、歩くスピードとお盆に注意をすればゴールまで辿り着けることに気付くはずです

じっくり時間をかけて分からせていきましょう。



スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ