【1歳第38週】フィルムケースの音を使った知育遊びstand1_front02_girl

【1歳】からの聞く力を育てる知育遊び

今回紹介する知育遊びは、1歳の聞く力を育てる知育遊びです。

耳を済ませて音を聞く練習であり、論理的な選択をすることを学ぶ知育遊びでもあります

【1歳】からの知育遊びの準備

空のフィルムケースを3~5個、そしてフィルムケースに入るくらいの大きさの鈴を用意します。

中が見えるような透明なフィルムケースの時は、紙やテープで巻いて中身が見えないようにして下さい。

1つのフィルムケースに鈴を入れたら、フタを閉めます。

そして、フィルムケースを1歳の子供の目の前に並べます

【1歳】からの知育遊びの実践

ママがフィルムケースを1つ手に取り、1歳の子供の近くでその音を聞かせます。

一通り振り終わったら、鈴の入っているフィルムケース(=音が鳴るフィルムケース)はどれか尋ねましょう。

触るのではなく、音で判断させて下さい

1歳の子供がうまく理解をしていないようであれば、できるまでフィルムケースを振り続けます。

この知育遊びで重要なのは、該当のフィルムケースと位置を1歳の子供が覚えているかということです

【1歳】からの知育遊びの応用

上手くできたら、この知育遊びをアレンジします。

振るたびに、フィルムケースの置く場所を変えるのです。

1歳の子供がやる気を見せる限りは続け、興味を失っているようであれば他の日にします。

鈴の代用として、

  • おはじき
  • クリップ
  • ボタン
  • 小石
  • 大さじ1杯程度の米や豆

などを使うのも良いですね。

音が変わるはずです。

この知育遊びが完璧にできるようになるまで、中身が入っているフィルムケースは1つまでにして下さい

完璧だとママが思ったら、2つのフィルムケースに中身を入れて下さい。

この知育遊びを繰り返していくうちに、第33週で学んだ「あっち」「こっち」を取り入れるようになるでしょう。



スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ