【1歳第31週】紙とクレヨンで楽しむ知育遊びoekaki_nurie_boy

【1歳】からのクレヨンを使った知育遊び

1歳になると、クレヨンを持ってお絵かきすることも上手になります。

今回はクレヨンを使った知育遊びです。

紙の使い方1つで、お絵かきも一風変わった知育遊びになります。

【1歳からの知育】くり抜いた紙を使った知育遊び

ボール紙(縦22センチ×横28センチ程度)を1枚用意します。

そして、ボール紙の中心に長方形(縦15センチ×横5センチ)を描き、カッターでくり抜きます。

ボール紙の舌に新聞紙を敷き、四隅を留めたら、更にすべらないように平らなところにテープで固定します。

さあ、くり抜いた部分を1歳の子供に触らせてみましょう

1歳の子供はどのような反応をするでしょうか?

この知育遊びは、くり抜いた部分とそうでない部分の境界を知ることを認識させます

【1歳からの知育】歌を聞きながらのお絵かき

別のタイミングで、1歳の子供にクレヨンを1本選ばせて下さい。

選んだクレヨンの色の名前を言い、くり抜いた中をクレヨンで塗りつぶすよう指示します

1歳の子供が手を動かしている間、ママは

  • 「上、下、上、下」
  • 「上に描こう」
  • 「下に描こう」

等適当なリズムをつけて歌います。

興味を失うまで、この知育遊びを続けます

もしクレヨンで塗り終えてしまったら、もっと塗れるようにボール紙をずらしてあげます。

また、紙自体を90度に回転させるのも良いでしょう。

新しい面に色を塗るときは、クレヨンの色を変えるのも楽しいですね

【1歳】からの知育遊びを楽しもう

そのようにして、ボール紙のくり抜いた部分を触らせたり描かせたりしながら、知育遊びを楽しみましょう

ママはクレヨンの動きにあわせて色々歌ってあげましょう。

しばらくは、ママの思い通りにはならず、紙以外のところに描こうとするかもしれません。

ですが、それは決して悪いことではありません。

ママの歌と描くという行為を関連付けさせておきましょう



スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ