【1歳第37週】靴箱と洗濯ばさみでできる知育遊びkosodate_nadenade_girl

【1歳】からの手の感覚を鍛える知育遊び

今回紹介する1歳向けの知育遊びは、「つける」「取る」といった手の感覚を鍛える知育遊びです。

そのため、今回の知育遊びでは洗濯ばさみを使います。

【1歳】からの知育遊びの準備

空の靴箱と洗濯ばさみを12個を用意します。

靴箱のフタを外し、箱の上端に沿うように等間隔の丸印を描きましょう。

この丸印の上を、後で洗濯ばさみで挟むことになりますから、分かりやすいように赤ペン等で描きましょう

金具のついた洗濯ばさみ、1歳の子供に触らせるのは怖いと思うママもいるでしょう。

しかし、ママが気をつけてみていれば、意外と上手に使いこなすかもしれません

まずは勇気を持って、1歳の子供に洗濯ばさみを与えてみましょう。

【1歳からの知育】洗濯ばさみをつける、取る

洗濯ばさみを1歳の子供に持たせたら、赤丸のところにつけさせます。

洗濯ばさみを12個使い終えるまでやります。

全部つけ終わったら、「洗濯ばさみが全部靴箱についちゃったね」と言います。

1歳の子供が上手くできないようであれば、赤丸のところに洗濯ばさみを置くだけでも良いです。

次に、洗濯ばさみを取る動きをします。

この知育遊びでは

  • つける
  • 取る
  • 洗濯ばさみの数

意識して声に出すようにして下さい

楽しく知育遊びを繰り返すために、洗濯ばさみに色を塗ったり、靴箱をデコレーションしたりして下さい。

靴箱に描く赤丸をシールに変えてみたり、別の形にしても面白いかもしれません



スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ