第43週【生後10ヶ月】ゴムの知育遊びで興味を持たせようbaby_takaitakai

【生後10ヶ月からの知育】興味を長く続かせる練習

生後10ヶ月の時期は、引っ張ったり指を入れたりと1人で遊べるようになります。

一方で、すぐ興味を失って飽きる10ヶ月の赤ちゃんは、少しずつ興味を長く続かせる練習が必要です。

この傾向と対策を生かした知育遊びを紹介します。

【生後10ヶ月からの知育】ゴムを使った知育おもちゃ

大きめの輪ゴム、もしくはゴムひもを用意します。

それに糸巻やガラガラといった、小さくてかつ安全なものを結び付けます。

これで即席の知育おもちゃの完成です。

【生後10ヶ月】からのゴムを使った知育遊び

ゴムのおもちゃを、椅子テーブルドアノブ等高いところから吊るしましょう。

ぶらさがっているゴムのおもちゃを引っ張ったら、戻っていく様子を赤ちゃんに見せます。

何度も繰り返すうちに、赤ちゃんが興味を持っているようなら一緒に引っ張りましょう。

興味がなくなるまで続けて下さい

一生懸命遊んでいるならば、その姿勢を褒めてあげて下さい。

結びつけるものを変えていけば、その都度違った動きが楽しめます



スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ