第45週【生後11ヶ月】手の中に隠しているものは何か?と楽しむ知育遊びmama_care_fumira2_s

【生後11ヶ月】からの記憶力を発達させる知育遊び

生後11ヶ月を迎えました。

11ヶ月には、新しく記憶力を発達させる知育遊びを覚えましょう。

これまでの知育遊びで作成・使用したおもちゃだけですぐ出来る知育遊びを紹介します。

【生後11ヶ月】からの手の中に隠す知育遊び

糸巻や小さいおもちゃ等、手の中に隠れるくらいの大きさのものを用意します。

そのものの名前を言いながら、赤ちゃんに見せます

赤ちゃんがそれを見たら、ママは持ったまま両手を後ろに隠します。

両手に何かを隠し持っているような素振りで、再び赤ちゃんの前に両手を持っていきます。

○○はどっちに入っているかな?指差してごらん

赤ちゃんがこの知育遊びのルールを理解するまで、この一連の動き何度か繰り返しましょう。

繰り返す時の注意ですが、隠す方の手と隠すものは変えないで下さい

赤ちゃんが、ものが隠れている方の手を指差せるようになったら、ゴールです。

また、いつものように、赤ちゃんが楽しんでやっているならば、その姿勢を褒めて下さい

【生後11ヶ月からの知育】隠す際の注意点

慣れてきたころに、隠す手を変えます。

この知育遊びは指差しの練習ではなく、ママがどっちの手にものを隠したかを覚える知育遊びです

後ろで隠した手を変えてしまうと、この知育遊びの効果が発揮されません。

生後11ヶ月の脳は混乱し、分からないことがストレスになり、自信が持てなくなってしまうこともあります。

せっかく芽生えた興味を失わせないためにも、このルールは守って下さい。



スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ