第42週【生後10ヶ月】糸巻を使った「指示」を学ぶ知育遊びbaby13_s

【生後10ヶ月】は指示に従うことを学ぶ知育遊び

生後10ヶ月は、ママの指示に従って動くことを覚える時期です。

ママの指示に従うことは、自分でやろうとする独立心や、自信を育てます。

今回は、指示に従うことを学ぶ知育遊びを紹介します。

【生後10ヶ月】からの知育遊びの準備

プラスチックのふた付きの容器(コーヒーの缶等)と、糸巻をいくつか用意します。

まず缶の底を缶きりで切り取り、切り口は危ないのでガムテープなどで刃の部分を隠します。

次に、プラスチックのふたの中心を、丸く切抜きます。

穴の大きさは、糸巻よりも少し大きめにして下さい。

糸巻は色のついた糸巻を使うのが好ましいですが、もしなければペンで色を塗って用意しましょう

【生後10ヶ月】からの糸巻を使った知育遊び

缶のふたを閉じたら、知育遊びの始まりです。

ふたの穴から糸巻を1つ入れます。

ママが上に缶を持ち上げると、糸巻が見えます。

このふたを上げる中の糸巻が見える、の動きを何度か繰り返します。

繰り返すうちに、赤ちゃんが指示に従って自分で糸巻を缶に入れることができるようになります。

勿論生後10ヶ月なので、うまく入れられなかったり、糸巻で違う遊びを始めてしまったりとママの思い通りにいかないこともあるでしょう。

しかし、知育遊びは繰り返しこそが大事です

繰り返すことで、1人で缶を持ち上げるまで成長するはずです。

そのためにはママの指示通りにできたら褒める、一生懸命やろうとする姿勢をほめるなどしてあげて下さい



スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ