第52週【生後12ヶ月】ママの指示によって中と外の概念を覚える知育遊びbaby_toy_garagara

【生後12ヶ月】からのママの指示に従って動くことを促す知育遊び

生後12ヶ月目の赤ちゃんにおこなう知育遊びの最後の週になりました。

もうすぐ1歳ですね。

今回は、ママの指示に従って動くことを促す知育遊びを紹介します。

【生後12ヶ月からの知育】中と外の認識力を高める

赤ちゃんの目の前に

  • 積み木
  • カップ
  • スプーン
  • ぬいぐるみ

5種類のおもちゃを置きます。

1つずつものの名前を確かめながら、箱の中に仕舞います。

箱の中から積み木を取り出したら、「積み木が外に出てきたね」と言います。

この時、「」という言葉を強調して下さい。

取り出した積み木を赤ちゃんに持たせ、「積み木を中に戻そうね」と言います。

この時は、「」という言葉を強調して下さい。

あと4種類のおもちゃでも同様のことを行います。

【生後12ヶ月からの知育】指示に従うことを学ぶ

全部箱の中に入っている状態で、ママが指示を出します。

積み木を取って

カップを取って

12ヶ月の赤ちゃんの脳が混乱するのを避けるため、指示は1回に1つまでです

もし赤ちゃんが理解していないようなら、ママが取り出して名前を教えます。

その時も「外」という言葉を強調し、可能であれば「積み木」「コップ」といったものの名前も強調しましょう。

名前を教えたら、箱の中に戻します。

取り出したら「外」、箱の中にあれば「中」という概念を根気良く教えましょう。

箱の中に入れるものを変えたら、教えるものの名前も増えますし、知育遊びの楽しさが広がります



スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ