【1歳第23週】家庭でもできる手作り粘土の知育遊びasobi_kaminendo

【1歳】からの粘土を使った知育遊び

粘土は、知育遊びにぴったりのツールです。

形を作るだけではなく、その感触においなど、手を通じて得るものがたくさんあります。

よって、今回は粘土を使った知育遊びを紹介します。

しかも、粘土は家庭でできる自家製粘土です

【1歳からの知育】粘土の作り方

まずは、粘土を用意します。

材料はどこの家庭にもあるもの

  • 小麦粉2カップ
  • 塩2分の1カップ
  • 水1カップ

です。

小麦粉と塩を混ぜ合わせた中に、水を少しずつ加えていく、着色料も入れてよくこねます。
香りの良い香料(ペパーミント等)を加えるのも良いですね

これで市販の粘土を購入せずとも、粘土を手に入れることができます。

ビニール袋で密閉し、冷蔵庫で保管すれば、数日遊ぶことができます。

ただし、食用ではありませんので、くれぐれも誤飲しないように注意をして下さい

【1歳からの知育】保存性の高い粘土の作り方

ちなみに、もっと保存性の高い粘土を作ることもできます。

  • 小麦粉1カップ
  • 油大匙1ぱい
  • 水1カップ
  • 塩2分の1カップ
  • 酢を少々

(必要に応じて着色料も)

これらを混ぜたら、中火のオーブンに入れて膨らむまで焼きます。

焼きあがったものをなめらかになるまでこねたら、日持ちする粘土の完成です。

保存は、ビニール袋か密閉容器で構いません。

各家庭でこの作り方をマスターしておくと、知育遊び以外の時も便利ですね

【1歳からの知育】粘土を使った知育遊び

テーブルが汚れないよう、ビニールマットや新聞紙を敷いておきます。

(こうしておくと片づけが便利だからです)

1歳の子供が、両手で掴める量の粘土を渡します。

  • ねじる
  • たたく
  • まるめる
  • こねる

自由に遊ばせてください

もっと遊びたい様子が伺えたら、ママが粘土をまるめてボールをつくり、それを叩いてペッタンコにしてみせます。

また、粘土を細長く丸めて形を作ったりします。

これは星だね」「この形は何かな」と声をかけると、より楽しみが増えます。

【1歳からの知育】体感すること

粘土の感触についても聞いてみましょう。

においは触った感触は

指で触らせながら、1歳の子供とママでコミュニケーションをとりましょう



スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ