【2歳51週】バランス良くつま先で歩く知育遊び

【2歳】からのつま先立ちと知育遊びを融合

つま先立ちでうまく歩くためには、バランスをとらなければいけません。

今回は、そのつま先立ちと知育遊びを融合させたものを紹介します。

【2歳からの知育】バランスがとれるかな?

つま先で立つ姿を2歳の子供に見せながら、以下の歌を歌います

つんつん つんつん つま先で歩こう
つんつん つんつん 行ったり来たり
つんつん つんつん 家の中を歩こう
つんつん つんつん ネズミのように

この歌を歌いながら、太鼓コーヒーの空き缶を叩きます。

そしてそのリズムに合わせて、家の中をつま先立ちで歩かせてみます。

ちゃんとつま先立ちできているか、バランスがとれているかどうか確認して下さい

【2歳からの知育】かくれんぼ

ママが「ネズミ」と言ったら、猫に見つからないように家具などの後ろに隠れるよう2歳の子供に指示します。

2歳の子供が隠れたら、「ネズミさんどこかな?」と言って探しましょう。

その時「チュー、ここにいるよ」と答えるよう、あらかじめ教えておきます。

よりこの知育遊びを面白くするなら、「おとなしいネズミ」を探すことにします。

おとなしいネズミは、猫に見つからないよう、何も話さずじっとしているネズミです。

そんなネズミを見つけたら、ママは「とてもおとなしかったから、見つけるのが難しかったよ」と言ってあげます。

かくれんぼの後は、もう1度つま先で歩かせ、正しくつま先立ちできているかどうか確認します。

つま先立ちが苦手な子、バランスをとるのが難しい子には、ママが手助けをします。

ママが練習に付き合っているうちに、2歳の子供自らつま先立ちを練習するようになるでしょう



スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ