【2歳第5週】ボールをゴミ箱に投げる知育遊びstand1_front01_boy

【2歳】からの知育遊びの効果

今回紹介する知育遊びは、ゴミ箱とボールを使った知育遊びです。

ルールは、ゴミ箱をボールに投げ入れるだけとシンプルです。

しかし、この動きだけで

  • 目と手の連携動作
  • 体全体の連携動作
  • ゲームへの興味

等、様々な発達を促してくれます

【2歳】からの知育遊びの準備

  • 靴下ボール
  • お手玉
  • 毛糸玉

等をいくつか用意します。

また、空のゴミ箱を1つ用意します。

ゴミ箱がなければタライや桶でも構いません。

2歳の子供の近くにゴミ箱を設置して下さい

【2歳】からの知育遊びの実践

最初は、ママがお手本を見せます。

靴下ボールやお手玉を投げて、ゴミ箱に入れる様子を見せてあげて下さい。

この時、使うのは右手です。

両方で投げたがる子、左手で投げたがる子もいるかもしれませんが、右手を使わせて下さい

どの手を使っても良いとなると、2歳の子の脳は混乱してしまいますからね。

この知育遊びの目的は、あくまで目標に狙いを定めることができるようになることです。

なお、投げ方は、上からでも下からでもどちらでも構いません

【2歳からの知育】単純な遊びこそ楽しい

ただゴミ箱に物を投げ入れる、こんな単純な遊びこそが2歳の子供の興味をひくのです。

しかし、投げいれるべきものはゴミ箱であり、決して他の家具ではないことを理解させましょう。

テーブルや家具に向かってボールを投げさせるのはいけません。

また、2歳の子供とゴミ箱の距離を少しずつ開くことによって、知育遊びはより楽しいものになります。

ゴミ箱が多少遠くても投げ入れることができれば、自信につながるはずです



スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ