【2歳第7週】靴箱を履きながらゴールに向かう知育遊びkosodate_kaiwa_boy

【2歳】からの足を使った知育遊び

普通に歩くこと、走ることができる2歳の子供。

そんな子供に足を使って、ちょっと変わったことをする面白さを教えてあげましょう。

それが今回紹介する知育遊びです。

【2歳からの知育】靴を履いて歩こう

子供の足の大きさに合った靴箱を2つ用意します。

また、家の中に物の置くか、テープを貼るかして、ゴールラインを作ります。

難しければ家具をゴールラインに見立てて下さい。

靴箱は1箱ずつ、左右の足に装着させて下さい。

2歳の子供に、靴箱を履きながらゴールまで向かうよう指示をします。

指示を理解していないようなら、ママが見本を見せます

ゴールまで辿り着いたら、スタート地点に戻ってまたやり直しです。

【2歳からの知育】ゴールを目指して

箱をすべらせて歩くだけでも十分楽しいのですが、CDをかけたりして、この知育遊びを盛り上げましょう。

適当な音楽がなければ、ママの鼻歌でも良いですね。

家の中でも、凍った氷の上でスケートをする気分が楽しめます。

また、工夫すれば家の外でもこの知育遊びが出来ます。

是非、ゴールまで完走させてあげて下さい



スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ