【2歳第22週】引き出しを使って片づけの概念を学ぶ知育遊びomocha_kataduke

【2歳】からの知育遊び

おもちゃやぬいぐるみが出しっぱなしで、部屋が雑然としている・・・。

2歳の子供がいるママならば、こんな悩みは日常茶飯事でしょう。

今回はそんなママにうってつけの知育遊びです。

【2歳】からの空の引き出しで遊ぶ

食器棚やタンスから、空の引き出しを2つ持ってきます

なければ空の靴箱で代用します。

それぞれの引き出しには、入れるべき特定のものがあることを2歳の子供に気づかせます

  • スプーンとふた
  • 靴下と下着
  • 紙とクレヨン

・・・安全なものなら何でも良いです。

2つで1組になるペアのものをいくつか用意して下さい。

それらをごちゃ混ぜにし、引き出しを指さしたら、2歳の子供に指示をします。

これはスプーンの引き出しだよ

この引き出しにスプーンを全部入れて

そしてもう1つの引き出しを指さします。

こっちはふたの引き出しだよ

ふたはこの引き出しに入れて

2種類の指示を出したら、2歳の子供にやらせてみましょう。

要領を理解するまで続けてやらせます

【2歳からの知育】片づけを学ぶ

次に、特別な場所にものをしまうということについて教えます。

そのために、2歳の子供と一緒に色々な引き出しを開けてみます。

中には子供が触ると危険なものや、プライベートに関わる大切なものがあるでしょう。

それらは大人の許可なく触ってはいけないことも教えます

また、家の中のものは引き出しの中に片づけておく必要があることを教えます。

それを教えることによって、自分のおもちゃやぬいぐるみを片付けるということを知ります。

かごやおもちゃ箱を与えて、自分のものを整理させてみましょう。

この時、おもちゃを一気に出すのではなく、少しずつ出すと片付けが楽だし部屋も散らかりにくいことを教えます。

これらを理解すれば、きっとお手伝いの気持ちが芽生えることでしょう



スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ