【2歳第4週】形と大きさを学ぶ知育遊びkosodate_nadenade_girl

【2歳】からの形と大きさに着目した知育遊び

今回の知育遊びは形と大きさに着目した知育遊びです。

粘土を使った知育遊びを紹介しますが、粘土を使わなくても家にあるものお店に売っているものでもできます。

【2歳】からの粘土作りから始める知育遊び

  • 小麦粉1カップ
  • 小さじ1杯の油
  • 水1カップ
  • 塩半カップ
  • お酢少々
  • 好きな着色料

これらを混ぜ合わせます。

混ぜ合わせたものを、中火で温めたオーブンに入れて焼きます

ボールのように膨らむまで焼いたら取りだして、今度はなめらかになるまでこねます。

ビニール袋密閉容器に入れておくと、長く楽しむことができます。

【2歳からの知育】大きさの違う丸

古いお盆やランチョンマットをテーブルの上に置き、出来あがった粘土を2歳の子供の自由に遊ばせます。

  • 叩いたり
  • こねたり
  • ねじったり

とにかく好きなようにやらせます

お盆やランチョンマットがなければ、別のもので代用しましょう。

とにかく汚れないよう工夫されていれば何でもOKです。

粘土を細長く伸ばし、両端をくっつけます。

これで丸い形が出来上がるので、「これは丸いね」と言います。

2歳の子供にも同じようなものを作らせて下さい。

そして、大きい丸を作ったら次は小さい丸・・・というように、「大きい」「小さい」といったサイズを気にして丸を作らせるようにして下さい。

【2歳からの知育】大きさの違う正方形

丸に慣れたら、次は正方形を作らせます。

丸は両端をくっつけたらできますが、正方形にはカーブがないうえに、全部同じ長さなので、丸と同じ要領では作ることができません。

ママが見本を見せてあげましょう

この一連の粘土遊びで、

  • 「大きい」
  • 「小さい」
  • 「丸い」
  • 「四角い」

の4つの概念がまとめて勉強できます。

もし2歳の子供が同じようなものしか作らないのであれば、誘導してあげて下さい。

大きな丸を作って

小さな正方形を作って

時には不思議な形ができるかもしれませんが、それもまた楽しみの1つです



スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ