【2歳第14週】知育遊びで動物の名前や鳴き声を覚えようkosodate_kaiwa_boy

【2歳】動物に関する知育遊び

2歳になる前から「ワンワン」「ニャンニャン」等動物の名前を言える子が多いと思います。

TV番組や絵本に出てくる動物の写真が大好きという子もいるでしょう。

そんな子供の興味を生かし、今回は動物に関する知育遊びを紹介します。

【2歳からの知育】目で見る動物

供向けの動物図鑑を買うか、もしくは図書館で借りてきましょう

なければ写真でも大丈夫ですが、なるべく背景や余計なものが少ない、動物の姿が大きく載っているものが良いです。

まず、ママが動物の名前を言います。

2歳の子供に1枚ずつ見せながら、更にその動物の名前を2歳の子供が言うようになるまで、一緒に練習します

【2歳からの知育】耳で聞く動物

動物の名前を言えるようになったら、次は鳴き声です。

  • ≪犬≫     ワンワン
  • ≪馬≫     ヒヒーン
  • ≪猫≫     ニャーニャー
  • ≪ロバ≫    ヒーンヒーン
  • ≪ニワトリ≫  コケコッコー
  • ≪牛≫     モーモー
  • ≪羊≫     メーメー
  • ≪豚≫     ブーブー
  • ≪アヒル≫   ガーガー
  • ≪七面鳥≫   ゴロゴロ

これらは動物の鳴き声の一例ですが、写真からこの鳴き声を連想できるようになるまでやらせて下さい。

聞く力を養うと同時に、鳴き声に対する興味や好奇心を刺激します

もし2歳の子供が楽しくやっているようなら、動物の名前と鳴き声を録音しましょう。

ママの正しい発音を何度も聞くことで、耳が明確とした発音を学んでいくことでしょう。

この鳴き声を利用した童謡が「Old MacDonald had a farm ゆかいな牧場」です。

鳴き声を歌詞に取り入れて、楽しく練習しましょう



スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ