【2歳第34週】1、2のリズムで知育遊びkosodate_nadenade_boy

【2歳】からの知育遊びの効果

今回紹介する知育遊びは家で行うやり方を紹介しますが、公園や砂浜でも実践できる知育遊びです。

その内容とは、左右の認識「1」「2」の数字の認識が促される知育遊びです。

【2歳】からの知育遊びの準備

約1メートル20センチの大きさの長い厚紙を用意します。

また、厚紙を8等分に仕切りたいので、サインペンで中央に大きな線を1本と横に3本線を引きます。

8個のマスが出来たら、左側の縦4マスには1を、右側の縦4マスには2を書きます。

2歳の子供が厚紙に足を滑らせることのないよう、テープ等でしっかり固定して下さい

適当な厚紙がなければ、古いシールやじゅうたん、それもなければひもを使います。

ひもで代用する時は、1と2を書いた紙をひもで仕切られた部分に置いて下さい。

【2歳】からの知育遊びの実践

まず、2歳の子供の位置を決めます。

最初の「」のマスに左足、「」のマスに右足を置きます。

それから次の「1」のマスに左足、「2」のマスに右足を置くようにさせ、前に進ませます。

2歳の子供が動く時は、「」「」と言わず「1」「2」と言うようにして下さい。

4マス目まで動けたら、スタート地点まで戻ってくるよう指示します。

戻ってくる時にまたマス目を使っても良いですが、戻ってくる時も「1」「2」で戻らせて下さい。

決して「2」「1」ではありません

左右の足の動きを強化するために、何度もこの知育遊びを繰り返しましょう。

【2歳】からの知育遊びの応用

全部のマス目に1つずつ、合計8つ、何かものを置きます。

そして買い物袋等を2歳の子供に持たせ、「1」「2」のリズムで歩かせます。

歩きながら「置いてあるものを袋に入れて」と指示します。

ものを取る時に、足の位置を変えてはいけません。

また、足の動きと同じ順番で拾っていきます。

足を動かせないので、体でバランスを取りながら拾うことになります。

体全体で「1」「2」のリズムを感じとってもらいましょう



スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ