第14週【生後3ヶ月】糸巻のおもちゃで体を動かす知育遊び

第14週【生後3ヶ月】糸巻のおもちゃで体を動かす知育遊びakachan_onnanoko

【生後3ヶ月】と言えば、体のつくりがしっかりとしてくる時期

この時期は、体の筋肉を鍛える知育遊びを始めましょう。

使うものは、知育遊びですっかりお馴染みとなった糸巻です。

【生後3ヶ月】からの糸巻のおもちゃでママが遊ぼう

柔らかいマットかカーペットの上に、赤ちゃんをうつ伏せに寝かせて下さい。

生後3ヶ月ともなれば、赤ちゃんが自分自身で腕や足を伸ばしたりするかもしれません。

もし動かさないようでしたら、ママが伸ばしてあげて下さい。

さて、ここで大きな糸巻を4~5個用意します。

糸巻の穴に幅6ミリ程度のゴムひもを通し、両端に結び目を作ります。

さて、糸巻のおもちゃを赤ちゃんの目の前で転がしてみましょう。

赤ちゃんは転がっている糸巻を目で追っていますか

それとも、体を動かして取ろうとしますか

糸巻は赤ちゃんの手の届く位置に置いてかまいません。

赤ちゃんが十分な刺激を受けているのであれば、ママが糸巻を置いた方向にちゃんと体を動かして取ろうとするはずです。

【生後3ヶ月】からの糸巻のおもちゃで赤ちゃんが遊ぼう

糸巻の結び目を引っ張ると、ゴムひもが伸びるので、糸巻と糸巻の間に隙間ができます。

その離れた糸巻を、ママが叩いて音を鳴らします。

赤ちゃんの興味を引くために、この知育遊びを何度も繰り返します。

赤ちゃんが手を伸ばしたら、糸巻を持たせましょう。

3ヶ月ですから、糸巻を持たせる時に無理な体勢をすると頭がぐらついてしまうかもしれません。

ですが、うまくとれなくても、ちょっと体が不安定でも、どうにか赤ちゃんに持たせて下さい。

3ヶ月のうちにこの知育遊びを経験しておくと、体にとって後のハイハイに繋がる良い刺激になります



七田式英語で子供が簡単にバイリンガルになる理由が知りたい☆

子供がどんどん英語を覚えちゃう!ディズニーの無料英語DVDを試しました!

【失敗談含む】ママさん注意!学資保険を自分で探してはいけない3つの理由!

スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ


  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.