【3歳第6週】魚を使って色を認識する知育遊び

【3歳】からの知育遊びの目的

今回紹介する知育遊びの目的は、8つの色を認識し、名前を覚えることです

【3歳からの知育】魚の色を見分けよう

  • オレンジ
  • 黄色
  • 茶色

この8色の画用紙を魚の形に切って下さい。

各色2個ずつ作ります。

各色の魚を1枚ずつ3歳の子供に見せ、魚を目の前に置きながら、色の名前を言います。

この魚が水の中にいるっていうことにしよう」と補足します。

さて、「赤い魚を1個取って」と指示します。

正しく赤い魚が取れたら褒め、できなければママが手にとって教えてあげます。

全色で同じことをやり、子供が理解していないと思う色があればメモをしておき、別の時に集中して取らせます

既に色の名前をマスターしている子供にとって、この知育遊びは簡単なはずです。

しかし、ママの言うことを聞き、同じものを見つけることで、3歳の子供に自信が生まれていきます。

【3歳からの知育】魚釣りをしよう

魚の鼻に小さなクリップをつけます。

フックのついている磁石にひもを結べば、魚釣りが出来ます。

この知育遊びには、目と手の連携動作が必要ですから、魚の色を見分けようの知育遊びをスムーズにできるようになってからやりましょう

また、磁石のついたひもを扱う時は事故に注意して下さい。

この魚釣りの知育遊びで、数字の認識を高めることもできます。

少なめの数の魚で釣りをさせ、何匹か釣った後に、釣った魚の数や残っている魚の数を数えさせるのです。

また、全ての魚に数字や文字をつけて、同じものを探させるという遊び方もあります



スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ