【3歳第7週】上ったり下ったりする動きの知育遊び

【3歳からの知育】体全体を使う練習

3歳の子供は、

  • 上ったり
  • 下ったり
  • すべったり
  • 走ったり
  • 飛んだり

等の動きが大好きです。

色々な動きを試したがりますし、とにかく活発です。

将来体の筋肉をうまく使えるようになるために、3歳のこの時期は体全体を使う練習が必要です

その練習に、是非知育遊びを利用して下さい。

【3歳からの知育】はしごの上り下り

小さなはしごがあれば、それを床や地面よりも少し高くて動かないところに立てかけます。

念のため、ママははしごを持つか支えるかして、更にはしごを固定します。

その状態で、3歳の子供に上り下りさせます。

はしごがなければ、階段で代用します。

適当な階段がなければ、表面が滑らかな板頑丈な段ボールを立てかけ、傾斜面を作ります。

そこの両端をつかみながら上らせ、体をうまく使いながら下らせましょう

【3歳】からのすべり台でも知育遊び

はしごでも階段でも、知育遊びを行う時は「」「」という言葉を強調します。

また、3歳の子供はすべり台が大好きです。

近くの公園にすべり台があれば連れて行き、すべり台の階段を上ってすべらせます。

公園がない、すべり台がないということであれば、厚めの段ボールを立てかけてすべり台に見立てます。

手作りのすべり台に、3歳の子供は喜んでくれるはずです。

「上」「下」の概念をさらに認識させることができるよう、すべり台を使った他の知育遊びのやり方を考えてみましょう



スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ