【3歳第49週】「グループ」「仲間」の概念を学ぶ知育遊び

【3歳】からの知育遊びの概要

今回の知育遊びは、「グループ」「仲間」といった概念を学ぶ知育遊びです。

3歳の子供にとって、1番近いグループは家族です。

ただし、家族とひと括りにいっても、構成されるメンバーは名前も年齢も性別も異なる者同士の集まりです

せっかくの機会ですから、家族とは何か、グループや仲間とは何か、を勉強しましょう。

【3歳からの知育】家族の共通項

家族みんなに共通しているもの、それは苗字です。

3歳の子供は、自分自身の名前をフルネームで言えますか?

そして家族の名前を言えますか?

1人1人名前を呼ばせてみましょう

3歳は、

  • 自分のフルネーム
  • 性別
  • 名前

を理解してもよい時期です。

  • 住所
  • 誕生日
  • 電話番号

といったものはもう少し先でも大丈夫です。

幼稚園入園前に話せるようになっていれば、十分です。

とにかくここでは、同じ苗字を持つ者が仲間=グループであるということを認識させましょう

【3歳からの知育】身の回りのグループを考えよう

3歳の子供が苗字を理解したら、今度は身の回りにあるもののグループについて考えさせましょう。

例えば

と3つのキーワードを伝えます。

この3つのうち、仲間になるものはどれかを聞きます。

「犬」「猫」が動物であり、「家」が動物ではないと分かっていれば、答えられるはずです

他にもこのような3つのキーワードがあります。

  • コート 上着 じゅうたん
  • 本 テーブル 椅子
  • 本 ミトン 手袋
  • オレンジ りんご 七面鳥
  • 電気スタンド 1 2
  • バス 車 家
  • テレビ ハンバーガー から揚げ
  • ベッド 化粧台 タオル
  • 虫 花 木
  • よだれかけ ベビーベッド パパ
  • 踏み台 靴下 靴
  • 紙 ミキサー トースター
  • 洗濯機 乾燥機 ベランダ
  • 緑 赤 絵の具
  • 枕 くま うさぎ
  • ビスケット ロールパン ナイフ
  • ジュース 牛乳 箱
  • スーツケース トランク 草
  • 朝ごはん お昼ごはん 消しゴム

仲間はずれを探すゲームなので、3歳の子供でも簡単にできると思います。

この知育遊びを隙間時間に行えば、語彙力のアップも見込めますし、考える力も養えます



スポンサードリンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ