【3歳第3週】金づちと釘を利用した知育遊び

【3歳】からの知育遊びの効果

今回の知育遊びでは、金づちを使います。

金づちの使い方を覚えるだけではなく、数の認識リズム感にも役立つ知育遊びになっています。

【3歳からの知育】釘を打ってみよう

3歳の子供でも使えるような、小さな金づちを用意します。

パパが使う金づちしかなければそれを使ってもかまいませんが、使用の際には十分注意してあげて下さい

大きな釘を数本と、柔らかめの木片を1つ用意します。

柔らかい木片を選ぶ理由は、その方が3歳の子供が釘を打ち込みやすいからです

ママは、あらかじめ木片に釘を打ちこんでおきます。

4~5センチの間隔で、5本程打っておいて下さい。

3歳の子供と一緒に釘の数を数え、5本あることを理解させたら、そのうちの1本を打ちこませます。

子供は「自分でやる」と言って、ママの手助けを拒むかもしれません。

必要なら手助けをしましょう。

1本打ち終えたら、残りの4本も子供に打たせましょう。

全部打ち終えた時には、すっかりこの知育遊びを気に入っていることでしょう

その後、ママは更に5本の釘を木に打ち込みます。

上手に出来たら、今度は3歳の子供に最初からやらせます。

もう1度釘の数を数え、「5」の概念を理解させます

【3歳からの知育】木片を増やしてみよう

もう1つ木片を用意します。

2つの木片を、1本の釘で留めるにはどうしたらよいか教えます。

こちらの知育遊びは、何度も繰り返しできます。

3歳の子供は、釘を木に打ち込むことが楽しいかもしれないし、おもちゃを作りたいと思っているかもしれません

【3歳からの知育】手遊びをやってみよう

とにかく釘を打つことに興味を持っているなら、こんな手遊びの歌も面白がるかもしれません

♪  金づち1本 金づち1本 金づち1本でジョニーはお仕事
金づち1本でジョニーはお仕事 それから2本でお仕事します
金づち2本 金づち2本 金づち2本でジョニーはお仕事
金づち2本でジョニーはお仕事 それから3本でお仕事します
金づち3本 金づち3本 金づち3本でジョニーはお仕事
金づち3本でジョニーはお仕事 それから4本でお仕事します
金づち4本 金づち4本 金づち4本でジョニーはお仕事
金づち4本でジョニーはお仕事 それから5本でお仕事します
金づち5本 金づち5本 金づち5本でジョニーはお仕事
金づち5本でジョニーはお仕事 それからちょっとお休

この歌の間に、太ももを叩いたり、床を鳴らしたり、タップをしたりと動きを加えます

一例としては、このような感じです。

  1. 左のこぶしで、左のふとももを軽く叩く
  2. 両手のこぶしで、両方のふとももを叩く
  3. 両手のこぶしでふとももを叩きながら、左足で床を鳴らす
  4. 両手と左足の動きを続けながら、数字が聞こえたタイミングで右足でも床を鳴らす
  5. 両手でふとももを叩き、両足でタップし、うなずくポーズ

是非、やってみて下さい



スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ