【3歳第19週】飛び降りる感覚を体験する知育遊び

【3歳】からの知育遊びの効果

今回紹介する知育遊びは、外で行うのが好ましい知育遊びです。

ただ、ママが十分に監視できるのであれば、家の中で行うことも可能です。

3歳の子供がすることは、「飛び降りる」ことです。

ただ「飛び降りる」という単純な動きではありますが、高い低いを認識したり、高さに違いがあることを認識したり、落下する感覚を掴んだりと、色々な効果が期待できるのです。

【3歳からの知育】自由に飛び降りてみよう

3歳の子供は、高いところから飛び降りることが大好きです

外だと階段、家の中だと

  • 椅子
  • ソファー
  • テーブル
  • トランクにスーツケース
  • 踏み台

等が考えられます。

1度に高さが違うものでたくさん遊んでしまうことは、3歳の子供に過度の刺激を与えてしまいます

よって、飛び降りる時は1回につき1つのものにして下さい。

飛び降りる感覚とともに、2018をつかませるよう、何度も飛び降りる練習をします。

【3歳からの知育】タイミングをあわせて飛び降りてみよう

ただ飛び降りるだけではなく、ひと声をかけましょう。

ママが「1、2、3」と数えたら、「」の合図で下へ飛び降りるようにするのです。

3歳の子供は間違いなくこの遊びを好きになることでしょう。

何度もやりたがるに違いありません。

飛び降りる回数に決まりはありませんが、この知育遊びを終えたら静かな遊びをして気分を落ち着かせてあげましょう

【3歳】からの知育遊びの目的

注意点ですが、この知育遊びの目的は、飛ぶ高さや距離を競うものではありません。

飛んで落下していく感覚を、3歳の子供に体験させることです

飛び降りる場所として適切な場所を、子供と一緒に選びましょう。



スポンサードリンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ