【3歳第47週】隠していたものを答える知育遊び

【3歳】からの知育遊びの概要

今回紹介する知育遊びは、「ないものを答える」知育遊びです。

視覚的なヒントを使って、連想させ、答えさせる知育遊びになっています。

【3歳からの知育】「ないものは、どれ?」

  • 糸巻
  • カップ
  • おもちゃ

等適当なものを4つ選んで、横一列に並べます。

左から順にものの名前を言い、それを3歳の子供にも言わせます

終わったら、3歳の子供に「ちょっと向こうを見ていて」と指示をします。

その隙に、ママはどれか1つを隠してください。

とにかく子供の見えないところに置きます。

隠し終えたら体の向きを元に戻させ、どれがなくなったかを質問します。

3歳の子供は、正しく答えることができるでしょうか。

正しく答えられたら、褒めてください

できなかったら、隠していたものを取り出し、もう1度やり直しです。

【3歳】からの知育遊びの応用

この知育遊びがうまくできるようになったら、ものが置いてある場所を変えてみましょう

また、4つのものを

  • 4つの形
  • 4つの色
  • 4つの文字

バリエーションを変えて長く遊びましょう。

見えないものを認識すること、記憶力の向上にはこの知育遊びが有効になります

何度も答えることで、3歳の子供の自信にもつながります。


スポンサードリンク




ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ