【3歳第50週】けんけんぱで知育遊び~1から6までの数字を学ぶ~

【3歳】からの知育遊びの効果

1から6までの数字の認識をさせるのに、昔からある「けんけんぱ」を利用します。

この知育遊びが上手にできるようになると、数字の認識だけではなく、その数字の前後をも理解するようになります。

けんけんぱは、体のバランス感覚を鍛えるのにも有効ですし、是非実践したい知育遊びです。

【3歳からの知育】1から6までけんけんぱで移動する

じゅうたんの上に、ひもを使ってけんけんぱの線を作ります。

インデックスカードに1から6までの数字を書き、それぞれのマス目の左側上に順番に置きます。

外で遊ぶ時は、歩道の上にチョークで線を書いても良いですし、道具がなければ砂場に枝を置く等しましょう

数字は、手書きのマス目の中に書けば大丈夫です。

3歳の子供と一緒にひとつずつ数字を確認していきましょう。

さてやり方ですが、まずジャンプをして、片足を1番目のマス目に置くように指示します。

2マス目に片足で移動し、3マス目は両足で着地します。

その後は、繰り返しです。

4番目は片足で、5番目も片足で移動し、6マス目は両足で着地します。

6マス目まで行ったら、1マス目に戻り、もう1度けんけんぱをします。

3歳の子供が興味をなくすまで、何度でもやりましょう

【3歳からの知育】数字を認識しながらけんけんぱする

別の時、今度はお手玉など投げても転がらない安全なものを、1マス目に向かって静かに投げるように言います。

うまくできたら2マス目に片足で移動し、3マス目には両足で着地します。

4マス目以降は、通常のけんけんぱで移動します。

6マス目まで行ったら、跳びながら戻り、マス目から出る直前に1マス目に投げたお手玉を拾って終了です

これで1週とします。

2週目は2マス目にお手玉を投げ、同様に続けてきます。

これは数字を意識させることと同時に、ねらいをつけてなげることの発達を促します

もし狙ったマスに投げることが難しければ、けんけんぱの前に投げる練習をしましょう。


スポンサードリンク




ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ