【3歳第1週】バウンド遊びで数の認識を深める知育遊び

【3歳からの知育】バウンド遊び

3歳の子供がつかみやすく、よく弾むボールを1つ用意します

ボールが小さすぎると、3歳の子供にとって持つのが難しくなります。

直径が20センチから25センチくらいのボールであれば、ちょうどよいでしょう。

ボールから手を離して下に落とし、バウンドしてきたボールをどうやってとるか、最初にママがお手本を見せます。

ボールが下に落ちて、また上に戻ってくるところをよく観察させるようにしましょう

そうすれば、3歳の子供はボールの動きを予測し、つかむタイミングを覚えられます。

ボールを落とすと戻ってくる、その動きが「バウンド」というものであることを説明します。

」「」という言葉をうまく使いながら、何度か繰り返しバウンドさせましょう。

【3歳からの知育】バウンドしたボールをキャッチするするタイミングをつかむ

今度は、3歳の子供がバウンド遊びをする番です。

3歳の子供にボールを持たせ、落とし、バウンドするところをよく観察させ、そしてボールを取らせます。

ママは子供の後ろに位置取り、ボールを落とす手助け等をします。

そして、いつボールを取ったら良いのかを教えましょう

3歳の子供の中には、目と手の連携動作がうまくできず、ボールをとれない子もいます。

ですから、繰り返しバウンド遊びをすることで、ボールをうまくとれるようにしましょう

【3歳からの知育】バウンド遊びと数えることの融合

次は、体に触れず両手だけでボールを取らせます。

とはいえ、3歳の子供が体を使ってボールを取ろうとすることを頭ごなしに「駄目」と言うことはしません。

なるべく体に触らないようにボールを取ろうね」と言うくらいにしておきます。

バウンドするタイミングがつかめるようになるまでは、体が動いてしまうかもしれません。

その場合は、そのままやらせておきます。

また、何回バウンドさせたボールを取れているか数えてみましょう。

数えることで、どれだけ上達したかが分かりますし、勿論数の認識も深まります

【3歳】からの知育遊びの応用

この知育遊びを、

  • 家の中
  • ネット

でやりましょう。

床や地面でボールが弾む様を見せるだけでも、3歳の子供は喜びますし、取るのがうまくなります。

ボールを取ることは、手の感覚を鍛えてくれます。

更に壁に向かってボールを投げ、それを取る度に数を数えると、うまく数字を数えられるようになるでしょう



スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ