子どもの性格を知って社交性を育む

子どもの性格を知って社交性を育むoekaki_children

子どもの性格を知って社交性を育む:友達を作ろう!

人懐っこい子にも、おとなしい引っ込み思案の子にも、人間関係を大切にしてほしいものです。

人と人か付き合うすべを、人間は生まれたその瞬間から学ぶようになります。

よく一緒に遊ぶ仲よしさんと過ごしているうちに、おのずと社交性は向上していきます。

例えば公園で赤ちゃん同士が交流することもありますが、子ども本人がその自覚をする、真の意味での「トモダチ」というものを作るのは、大体3歳ぐらいでしょうか。

小さい頃から保育園に通っていた子どもは、仲良しさんを個別の名前で認識し、家族に話したり、幼稚園に通うようになる年齢です。

どんな子とでも遊んだり仲よくしたりしたほうがいい年齢ですから、できればみんなと仲良く遊べる、愛される子どもになってほしいというのが大抵の親の願いでしょう。

そういう子になってもらうためには、ずばり、お子さんと一番よく接するあなた自身が、お子さんの話すことをきちんと聞いて、きちんと答えたり、反応したりすることが大事です。

自分が話をしてもパパやママは楽しくなさそうだと感じると、お子さんは、どんなに話したいことがあっても尻込みして話すことができなくなってしまい、自信を失ってしまうでしょう。

挙句、肝心かなめの大切なことは何も話せない子になってしまい、「どうしてちゃんと言わないの?」「言いたいことがあるなら言いなさい」と言われて、それでもやはり話すことができずという悪循環になってしまっては、お子さんが余りにも不憫です。

会話をきちんと成立させるということは、おのずと思いやりについて学ぶことにもつながります。

聞かれた質問に見当違いな答えばかり返していては、会話として成り立ちませんから、おのずと「この人は何が言いたいのか」をきちんと聞こうとする気持ちが湧き上がります。

ひいては相手を尊重するということを学ぶのです。

「ありがとう」「ごめんなさい」、あるいはもっと基本的に「こんにちは」「おはよう」といったあいさつも、もちろん「会話」です

朝起きたきとき、きちんと「おはよう」を交し合っているか、何かをしてもらったら「ありがとう」が言えるか、何か相手を傷つけるようなことをしてしまったら「ごめんなさい」と素直に謝れるかなど、こういったことを教えるのは、一番身近にいる親しかいないのだと自覚しましょう。

だんだんと子どものお友達が家に遊びにくる機会もふえてくると思います。

いつもパパやママと遊んでいるような楽しい遊びを友達とやってみたら、もっと楽しいかもしれないし、別な楽しさが生じるかもしれません。

でも、子どもだけでそのイメージを伝えるのは結構ハードルの高いことなので、例えばですが、「着せ替え人形、好きだよね。お人形が二つあるから、一つずつで遊んでみようか。きょうはパーティーだから、きれいなドレスに着替えさせてみようね」といった感じで、遊びを提案したり、促したりする形で、交流をスムーズにする手助けができるのではないかと思います。

天気のいい日なら、外のお庭で簡単なボール遊びというのもいいかもしれません。

出しゃばりすぎて、子どもができるようなことも仕切ってしまってはいただけませんが、潤滑油になることは大切です。

偏見や予断を持たずに新しいお友達と付き合えるというのは、ある意味子ども時代の特権です。

生まれつきの性分で人見知りだったり、逆に怖いもの知らずだったりということもあるので、すべての子どもに積極的にと無理強いすることはありませんが、人と接し、お話をしたり、遊んだりするのは楽しくて素晴らしいことだというポジティブなイメージを与えたり、

他人とうまく付き合うためには、明るい表情や優しい言葉が大事なのだということを、子どもがイメージとして持っていられるような日常生活を送ることが大切です。

たとえ人見知りでも、不思議と人に好かれ、周囲に人が寄ってくるような子がいます。

物柔らかでおっとりした笑顔や態度、どこか思いやりの深さを感じさせる性格がにじみ出ているのではないでしょうか。

人を拒否しない、人付き合いにネガティブなイメージがない子どもなら、それはそれで「社交性」といえるのではないでしょうか。



七田式英語で子供が簡単にバイリンガルになる理由が知りたい☆

子供がどんどん英語を覚えちゃう!ディズニーの無料英語DVDを試しました!

【失敗談含む】ママさん注意!学資保険を自分で探してはいけない3つの理由!

スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ


  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.