第19週【生後4ヶ月】左から右へ、焦点を利用した知育遊びfriends_mamatomo

【生後4ヶ月】までの知育遊びで、赤ちゃんは目と手の連携や、左右の認識をたくさん経験

今回は新しい刺激、焦点を合わせる知育遊びを紹介します。

【生後4ヶ月】の赤ちゃんの為の3つのおもちゃで知育遊び

赤ちゃんの体を支えながらおすわりの体勢にします。

赤ちゃんの前に低めのテーブルか台を置き、そこに糸巻とボール、そしてガラガラを並べます。

3つのおもちゃのうち、1つを左に動かしましょう。

赤ちゃんは、その動いたおもちゃを掴もうとしますか?

それとも引き寄せようとしますか?

目の焦点はうまく合っていますか

2つめ、3つめは赤ちゃんの方に近づけてみましょう。

どちらかに手を伸ばそうとしますか?

それとも両方に手を伸ばそうとしますか?

繰り返しこの知育遊びを行い、赤ちゃんがおもちゃを触ろうとしたら自由に遊ばせてあげましょう

まだ4ヶ月なので、うまくおもちゃが持てないという時は、ママがサポートして下さい

【生後4ヶ月】の赤ちゃんの為のおもちゃ以外のものでも知育遊び

この焦点をあわせる知育遊びは、おもちゃ以外でも構いません

飲み終えたペットボトル等も良いですね。

赤ちゃんの方にものを近づける時は、必ず左から右に動かすルールを守って下さい。

左右の認識力を高めるには左から右に動かすことが大切ですし、これは後々の読み書きの場にも活用されます。

4ヶ月までに照会した知育遊びも一緒に行いましょう。

特に体を動かす知育遊びは、重点的に行いたいですね。

今回の知育遊びの目的は、止まっているもの、動くものに対して焦点を合わせるトレーニングをすることです。

止まったまま、転がしたままではなく、左から右への動きを取り入れるようにして下さい。

場合によっては、赤ちゃんの体ごと動かすのも良いですね。



七田式英語で子供が簡単にバイリンガルになる理由が知りたい☆

子供がどんどん英語を覚えちゃう!ディズニーの無料英語DVDを試しました!

【失敗談含む】ママさん注意!学資保険を自分で探してはいけない3つの理由!

スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ