【知育口コミ】6ヶ月からやってよかった絵本の読み聞かせ

私は幼い頃から本が大好きです。

読書のおかげで語彙が豊富になったし、視野が広くなったと感じています

またどこかで「テレビは勝手に画面が動くけど、絵本は自分で頭の中でイラストを動かし、世界を広げないと楽しめない。だから読み聞かせをたくさんしてもらった子は想像力が身につく」と聞いたことがあります。

そのため子どもが6ヶ月になった頃から、最低1日に2冊は読み聞かせをしようと決めました。

なぜ目標を最低2冊に定めたかというと、あまりにも冊数が多すぎると私の負担になって、長く続けられないかもしれないと思ったからです。

最初はぽかーんと見ているだけで、イラストに焦点が合っているのかどうかすらわからないような状態でした。

それでも少しずつ本に興味を持ってもらえるように、声色を変えたり声の大きさを変えたり、工夫をしながら進めました。

どのようなお話や絵が好きなのかもわからなかったので、図書館に行ったり自分で購入したり、とにかく色々なお話を読み聞かせするように気を付けました

読み聞かせを始めた当初はほとんど反応がなく、ぼーっと見つめていたり動き回ってしまって視界にすら入っていなかったり、全く手ごたえがありませんでした。

それでも1、2ヶ月ほどすると絵を見て笑ったり驚いたり、表情の動きがでてきました。

そこからは本に興味を持ってくれたようで、私から本を取り自分でページを何度もめくるようになりました。

そしてお気に入りのページができるとそこだけを何度も眺めたり、気になる絵を指さして私に見せてくれたり、自分なりの絵本の楽しみ方をするようになりました。

絵本に親しみを持ってくれたのと同時に、落ち着いてじっと集中できるようになったことも大きな収穫です。

うちの子は起きている時と食べている時以外は常に動き回っているタイプなのですが、絵本を読み聞かせる時は落ち着いて座って聞いてくれるようになったのです。

5分かかるかかからないか程度ではありますが、それでも大きな成長だと思います。

このまま一歩一歩、集中力も身に着けてくれるといいなと期待しています



スポンサードリンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ